さくらしめじが4周年記念ライブ ロックでハードな二人が夢はたまアリと宣言

さくらしめじが4周年記念ライブ ロックでハードな二人が夢はたまアリと宣言
撮影/埼玉泰史
※画像をすべて見る<計11点>※

さくらしめじが、6月14日(木)東京・渋谷duo MUSIC EXCHANGEにて、結成記念日を祝うライブイベント『しめたん -さくらしめじが生まれた日- イヤイヤ期突入!?編』を行った。

今年で結成4周年を迎えるさくらしめじ。ライブ発表時にお披露目されたサングラスをかけたロゴ、イヤイヤ期っていったい何? と期待が高まっていた。

SEが流れる暗いステージにさくらしめじの高田彪我と田中雅功が登場するとキャーという歓声が沸く。しかし、いつもとちょっと違う様子に客席がざわつく中、二人はステージ両サイドに用意されたお立ち台へ。ドラムのカウントから、雅功の激しいストロークへ。4月にリリースされたアルバム『ハルシメジ』に収録されている“プチ反抗期ナンバー”「でぃすとーしょん」の幕開けに、会場は大きな盛り上がりを見せた。

「今日はぶっ壊れるまで暴れようぜ~!」という雅功が客席に声をかけたかと思うと、彪我がステージ前の柵に足をかけるなど、いつもと違う二人の姿を見せてくれた。2曲目の「菌カツ!」のオープニングでは、かけていたサングラスを客席に投げるパフォーマンスで盛り上げた。楽しい掛け合いの中にも、男っぽい表情が印象的だ。

「ついにこの日がやってきたぜ! さくらしめじの生まれた日、しめたんだ!」と雅功。 続けて「お前ら、元気かー! いいじゃねぇかよ、サイコーだよ」と彪我が言うと客席から笑いが起こる。「いやいや、今日はこんな感じでライブをやっていくぞ。……こんな感じだぞ(笑)」と雅功。「ちなみに、今日初めてさくらしめじのライブに来たって人は? けっこういるね。“思ってたのとちょっと違う”? いつもとはたしかにちょっと違うんだ」と言う。たしかに、雅功は丸鋲のついたロックTにダボパン、耳にはイヤーカフがついている。彪我は、手に鋲打ちのリストバンド、ハードクラッシュのデニムにウォレットチェーンという出で立ち。しかし、ソールドアウトになったことに対して「今日はこんなに集まってくれてありがとな!」という彪我の確実に無理をしているロック口調でのMCに会場は大爆笑になっていた。...続きを読む

あわせて読みたい

エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2018年6月15日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース