PrizmaX ホールツアー完遂 ウィン頼もしい表明 「僕が窓口になりPrizmaXを世に広めたい」

PrizmaX ホールツアー完遂 ウィン頼もしい表明 「僕が窓口になりPrizmaXを世に広めたい」
撮影/笹森健一
※画像をすべて見る<計51点>※

海外出身のメンバーも擁し、ハイクオリティな本格派のパフォーマンスで支持を拡大しつつある超国際派5人組ダンスボーカルユニットPrizmaXが、ホールツアー『PrizmaX Hall Tour Level 7~FUSION~』を開催。最終公演を6月16日に千葉県・市川市文化会館で行った。

メンバーの森崎ウィンがスティーブン・スピルバーグ監督の最新作『レディ・プレイヤー1』へ出演したことでも話題となった彼らだが、ホールツアーは今回が初めてとのこと。加えて、これまでの映像を駆使したストーリー調のライブを覆し、初めて外部ダンサーを起用して、ひたすらに歌とダンスで魅せる“原点回帰”のステージを展開したのも画期的な点。200名以上が参加したオーディションから選び抜かれた男女4人のダンサーと、一糸乱れぬパワフルなダンスアクトで文字通りFUSION(=融合)して、集まった1600人のホリック(PrizmaXファンの呼称)に新たな可能性を見せつけた。

女子高生がスマホでPrizmaXのライブ映像を眺める、前回のライブ、Level 6からつながるオープニング映像から、紗幕に大きくシルエットが5つ映ると、歌い出されたのは最新シングルのカップリング曲「Memory」。ライトが全開になって紗幕越しにメンバーの姿をクッキリと浮かび上がらせ、黒川ティム&ウィンの温もりあるボーカルと清水大樹のヒリついたラップが交錯するなか、ダンサーが加わって紗幕が上がるという幻想的な幕開けに、客席は固唾を呑んで魅入られてゆく。

あわせて読みたい

  • PrizmaX 最高の泣き歌 ドラマ『明日の君がもっと好き』主題歌「yours」発売/動画コメント

    PrizmaX 最高の泣き歌 ドラマ『明日の君がもっと好き』主題歌「yours」発売/動画コメント

  • PrizmaX グループの歴史をたどるツアー最終日にスペシャルな演出

    PrizmaX グループの歴史をたどるツアー最終日にスペシャルな演出

  • 超特急 アリーナツアーを完走 「僕たちはファンファーレを鳴らし続けます!」

    超特急 アリーナツアーを完走 「僕たちはファンファーレを鳴らし続けます!」

  • SUPER★DRAGON  初の全国ホールツアーを完走 底なしのポテンシャルで圧巻のステージ

    SUPER★DRAGON 初の全国ホールツアーを完走 底なしのポテンシャルで圧巻のステージ

  • 気になるキーワード

    1. 森崎ウィン ミャンマー
    エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2018年6月17日の音楽記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    「森崎ウィン + ミャンマー」のおすすめ記事

    「森崎ウィン + ミャンマー」のおすすめ記事をもっと見る

    次に読みたい関連記事「片寄涼太」のニュース

    次に読みたい関連記事「片寄涼太」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「吉川晃司」のニュース

    次に読みたい関連記事「吉川晃司」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    音楽ニュースアクセスランキング

    音楽ランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    芸能の人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトミュージックとは?

    話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

    その他のオリジナルニュース