ヒグチアイ 後悔してもそれをきちっと受け止める凜とした自分。そうありたいと思ってる/インタビュー後編

 
ヒグチアイ 後悔してもそれをきちっと受け止める凜とした自分。そうありたいと思ってる/インタビュー後編

――【ヒグチアイ】インタビュー前編より

『日々凛々』は今の私が描けたアルバム

──最近書いた曲のなかで、これまでにはなかった曲というと?

ヒグチ:「わたしはわたしのためのわたしでありたい」と「最初のグー」ですかね。どっちも前向きな感じの曲なんですけど、今までそういう曲はあまりなかったので。

──たまたまそういう曲ができたのですか。

ヒグチ:「わたしはわたしのためのわたしでありたい」はたまたまですね。「最初のグー」に関しては、ヒーローみたいな題材があったんです。だからヒーローを見ている女の子を想像して書いたんですけど、すごく楽しかったです。自分のことじゃないので、自分を切り売りしなくていいから。だけど結果的に私はこういうことを言われたいのかもしれない、みたいな歌詞になりました。最近、ビヨンセをめっちゃカッコいいなと思って聴いてるんですけど。それと似てるかもしれない。そういうふうには絶対なれないけど憧れる、だけど見てると元気になれる。それってなんか自分を信じる気持ちと、すごく近い気がするんですよね。

──『わたしはわたしのためのわたしでありたい』はまた違う前向きさですね。

ヒグチ:そうですね。なりたいもの、そうありたいものが決まってるって、すごく強いと思うんです。この曲の主人公も最終的にはちょっと前向きになっているんですけど、ここからどうなるかはわからない。憧れの自分になっていくのか、それは諦めていろんな人に気をつかって生きていくようになるのか、いろんな道があると思うんです。ただ、今は「こうありたい」と思っている歌。だから途中経過な感じの歌なんですよね。なんだかんだ言っても、これからも生きていかなきゃいけないし、曲も書き続けなきゃいけない。だからこそ道の途中にいることを、ちゃんとわかっていたいんですよね。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース