清水翔太 『WHITE』は全曲理想。その中でも特に気に入ってるのは……/インタビュー2

 
清水翔太 『WHITE』は全曲理想。その中でも特に気に入ってるのは……/インタビュー2
撮影/キムラタカヒロ

――【清水翔太】インタビュー1より

すごく大事なんですよ、6、7曲目は

――シングル曲以外で、今回のアルバムで最初に手を付けた曲はどれですか?

翔太:「Silver & Gold」「Rainbow」「dance with me」あたりかな。それらのトラックと、歌詞のない適当英語のメロディーが最初にありました。

――「Silver & Gold」と「Rainbow」は、両方ともエレピの音が印象的な曲でした。そういう生楽器による温かみのある音と、打ち込みによるデジタル感・無機質な感じが共存・融合している曲だと思うんです。そういう質感は他の曲にも感じましたが、そういう音作りも今回意識していたことですか?

翔太:生音っぽくしようとはあまり考えてないんだけど、清水翔太サウンドとはなんぞや?って考えたときに、たしかにトラップも好きなんだけど、これが俺の生きる道だとは思わなくて。オリジナルの追求を考えると、そういう生音っぽいものをどれだけ今のサウンドに馴染ませられるか、みたいなことなのかなって。とはいえ、そこまで重要に考えていたわけじゃないですけどね。

――今回は立体感のあるアトモスフェリックな音像が多く、チルな感じもありますが、前回取材したときに、「ヒーリングミュージック」がキーワードになっていると話してましたよね。

翔太:全体的にその方向性はありますね。「Good Life」「Friday」の2曲でアルバムをどうしていくか?と考えた場合、全体的にもうちょっとトラップ寄りになる可能性は高かったと思うんです。だけど「Silver & Gold」と「Rainbow」が出来て、そう思ったんじゃないかな。俺がやるべきことというか、今やりたいことはこれなんだなと思ったから、じゃあ、「Good Life」や「Friday」はフックとして考えて、全体的にはヒーリングな方向に行こうと。

――翔太くんの言う「ヒーリングミュージック」の定義を改めて教えてください。

翔太:そもそも俺は音楽に癒しを求めることが多いし、明確な目的があるもの以外、俺にとって音楽は全部ヒーリングミュージックと言えるんです。たとえば「今日はテンション上げていこう。だからヒップホップだ」とか、そういう目的や理由があって聞くもの以外は全部ヒーリングミュージックであって、リスナーとしてもそういう音楽性を選ぶことの方が多い。それこそノラ・ジョーンズとか、そういうものを聞くことの方が多いから。だから自分の作るビーートとか音楽をそっちに寄せていこうと。でも、まるっきりそうなるわけじゃなくて、あくませ「寄せる」だけ。……という考え方でした。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース