シド、ツアーファイナルで “暴れ曲限定LIVE”開催 「一緒にぶっ壊れていこう」

シド、ツアーファイナルで “暴れ曲限定LIVE”開催 「一緒にぶっ壊れていこう」
撮影/今元秀明
5月5日の東京から始まった『SID 15th Anniversary LIVE HOUSE TOUR 2018』が東京へ還ってきた。追加公演の豊洲PIT 2Daysを残すものの、名目上はこのZepp Tokyoがツアーファイナルだ。

今回のツアーは各日様々な趣向を凝らし、“ファン投票”“インディーズ曲限定”“昭和歌謡曲限定”などコンセプチュアルなセットリストが大きな話題を呼んだが、この日のメニューはズバリ“暴れ曲限定LIVE”。さあ、暴れる準備は出来ているか? フロアはぎっしり満員、立ち上る期待感が陽炎になって目に見えるようだ。

ゆうや、明希、Shinji、そしてマオ。ゆっくりと登場する一人一人に大歓声が襲い掛かる。マオの目がすでに攻撃色に変わっている。ゆうやが勢いよくカウントを入れ、「dummy」が始まった途端にフロアがぐらりと揺れた気がした。マオが客席に足を突っ込み噛みつくように歌っている。

「隣人」では明希とShinjiが最前線に飛び出し煽りまくり、「ENAMEL」では会場全体を巻き込んだヘッドバンギングで風が起きる。誰一人、5分後のことすら考えていやしない。刹那の爆音にひたすら身を委ねるのみだ。

「怪我すんなよ。キツそうな奴は助けろよ。あとは何をやってもいい。一緒にぶっ壊れていこう」

マオの短い挨拶に続き、最新アルバム『NOMAD』からハイスピードのメタルチューン「XYZ」。フロア全体で突き上げる拳が壮観だ。一転して明るいスピードポップ「Re:Dreamer」でマオがようやく笑顔を見せ、客席にマイクを向け大合唱をリードする。「MUSIC」は打ち込みを使った高速エレクトロ・ロックで、明希が弾くスラップ・ベースのソロがカッコいい。中間部のジャジィな4ビートも実にお洒落。暴れ曲オンリーとはいえ1曲ごとに味付けを変えて飽きさせない、それがシドの楽曲の強みだ。

あわせて読みたい

  • シド 結成15周年記念の元日ワンマン 「シド色に染める一年にしたい」

    シド 結成15周年記念の元日ワンマン 「シド色に染める一年にしたい」

  • シド、ツアーファイナルでファンからのサプライズに号泣「最高のライブと、ズルいサプライズをありがとう」

    シド、ツアーファイナルでファンからのサプライズに号泣「最高のライブと、ズルいサプライズをありがとう」

  • AKi 灼熱のツアーファイナル 「最高の景色を共に作ろうぜ!」

    AKi 灼熱のツアーファイナル 「最高の景色を共に作ろうぜ!」

  • シド 幕張ライブで新曲「漂流」をサプライズ初披露で発表

    シド 幕張ライブで新曲「漂流」をサプライズ初披露で発表

  • エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2018年6月25日の音楽記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    音楽ニュースアクセスランキング

    音楽ランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    芸能の人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトミュージックとは?

    話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

    その他のオリジナルニュース