湘南乃風、15周年記念全国ツアー開幕 新しい演出の数々で贈る新しいエンターテインメント

湘南乃風、15周年記念全国ツアー開幕 新しい演出の数々で贈る新しいエンターテインメント

15周年の節目で7枚目のオリジナルアルバム『湘南乃風 ~一五一会~』を6月13日にリリースし、このアルバムを引っさげ、15周年記念全国ツアー『風伝説 ~一五一会 TOUR2018~』を6月30日(土)・7月1日(日)の2DAYS、彼らの地元である神奈川・横浜アリーナを皮切りにスタートした。

ツアー前日には、このツアーの始まりを告げるかのように、関東では梅雨明けが宣言され、ライブ当日はまさに“湘南乃風の夏”の到来を感じさせる太陽がギラつく暑い1日となった。この日を待ち望んだ風一族(ファンの総称)が、全国から横浜アリーナに集結。会場周辺では各地のファンが大旗を掲げ、湘南乃風の代名詞ともなっているタオルを手に、今か今かと、開場を待っている姿が印象的だった。

開場と同時になだれ込むように会場に入るおよそ12,000人のファン。ライブが始まる前から熱気と歓声が鳴り止まない。
湘南乃風、15周年記念全国ツアー開幕 新しい演出の数々で贈る新しいエンターテインメント

客席の照明が落ちると同時に、ステージ上に映し出されたオープニング映像に各メンバーが登場する度、さらに歓声が起こる。オープニングからの流れで1曲目に突入。会場はタオル回しの大旋風が巻き起こる。それに応えるかのように、メンバーは会場のボルテージを一気に上げていく。そのまま怒涛の攻勢で圧巻のライブパフォーマンスを魅せる。

今回のステージはいわゆる“湘南乃風らしい”ライブというだけではない。15周年を迎えた湘南乃風の「喜怒哀楽」という4テーマを元にこれまでのライブとは一味も二味も違ったライブ構成が繰り広げられる。15年の間に生まれた湘南乃風の数ある代表曲の中から、選りすぐりの楽曲たちや新曲も多数披露され、会場も一体となって歌うシーンはまさに圧巻という言葉がふさわしい。

あわせて読みたい

  • 湘南乃風のHAN-KUN 地元湘南の海でのフリーライブに2000人が集結

    湘南乃風のHAN-KUN 地元湘南の海でのフリーライブに2000人が集結

  • 遊助×RED RICE(湘南乃風)対談!男くさいラブソングの相手は“お前しかいねぇ”/インタビュー

    遊助×RED RICE(湘南乃風)対談!男くさいラブソングの相手は“お前しかいねぇ”/インタビュー

  • 気になるキーワード

    1. 湘南乃風 ライブ
    エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2018年7月2日の音楽記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    「湘南乃風 + ライブ」のおすすめ記事

    「湘南乃風 + ライブ」のおすすめ記事をもっと見る

    次に読みたい関連記事「Dragon Ash」のニュース

    次に読みたい関連記事「Dragon Ash」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「ナオト・インティライミ」のニュース

    次に読みたい関連記事「ナオト・インティライミ」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    音楽ニュースアクセスランキング

    音楽ランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    芸能の人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトミュージックとは?

    話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

    その他のオリジナルニュース