review

今夜オールスター先発松坂大輔が「平成の怪物」と呼ばれて20年『ざっくり甲子園 100年 100ネタ』

プロ野球のオールスターゲーム(マイナビオールスターゲーム2018)の第1戦が今夜、京セラドーム大阪で行なわれる。セ・リーグの先発には、ファン投票により中日ドラゴンズの松坂大輔が選ばれた。松坂のオールスター出場は西武ライオンズ在籍時の2006年以来9回目、4年前に米メジャーリーグから日本球界に復帰してからは初めて。「平成の怪物」と呼ばれた男が、平成最後の夏の球宴でマウンドに立つことになる。
今夜オールスター先発松坂大輔が「平成の怪物」と呼ばれて20年『ざっくり甲子園 100年 100ネタ』
オグマナオト『ざっくり甲子園 100年 100ネタ ニワカもマニアもおさえておきたい』(廣済堂出版)。帯には高校野球マニアとしても知られるアンジャッシュ・渡部建がメッセージを寄せている

横浜高校の春夏連覇から20年


思えば、松坂が「平成の怪物」と呼ばれるようになったのは高校時代のこと。いまからちょうど20年前、1998年には、横浜高校(東神奈川)のエースとして春のセンバツ大会(第70回)、夏の全国選手権大会(第80回)とチームの春夏連覇に大きく貢献した。夏の京都成章(京都)との決勝戦では、じつに59年ぶりの決勝戦ノーヒットノーランを達成して優勝を決めている。

エキレビ!でもおなじみのライター・オグマナオトの新刊『ざっくり甲子園 100年 100ネタ ニワカもマニアもおさえておきたい』(廣済堂出版)は、そんな名選手や名勝負、あるいはこぼれ話を通じて高校野球の一世紀にわたる歴史を振り返る一冊だ。

野球の本の世界では一時期、「あるある本」が流行った。これに対してこの本は、野球ファンに「あったあった」と往年の名試合などいろんなことを思い起こさせてくれる。たとえば、松坂大輔が大活躍した20年前の夏の第80回選手権では、「史上もっとも切ない幕切れ」と語り継がれる試合も生まれた(本書106ページ)。それは2回戦での宇部商(山口)と豊田大谷(愛知)の一戦。試合は宇部商の藤田修平と豊田大谷の上田晃広による熾烈な投手戦となり、2対2のまま迎えた延長15回裏、宇部商は無死満塁のピンチに追いこまれた。このとき、マウンドの藤田はこの日211球目を投げようと投球姿勢に入った次の瞬間、プレートに足をかけたまま、投球動作を途中でやめてしまう。主審はすかさずボークを宣告し、豊田大谷の三塁ランナーがホームインして、宇部商はまさかのサヨナラ負けを喫したのだった。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2018年7月13日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース