韓国を代表するロックバンドNELL、チケット即完の東京公演で独自の音楽世界を表現

最新アルバム『C』からの「Dream Catcher」、「One of Those Days」ではフロアからクラップが聞こえ、十分に温まったところでNELLのキラーチューンとも言える「Time walking on memories」を投入。ジョンワンもこの曲ではギターを置いて、ボーカルに集中する。彼の美声に酔いしれ左右に揺れるオーディエンスに韓国語で「歌える?」と問いかけると、会場から大合唱が湧き起こった。

たどたどしいながら日本語でジョンワンが「次の曲は、日本でインスピレーションを受けて作った曲です。1曲は歌詞を、もう1曲はメロディを、ここ東京で作りました。気に入ってもらえるとうれしいです」と紹介したのは、「Sing for me」と「TOKYO」。軽やかなこの2曲では、リズムに合わせて手拍子が聞こえた。

疾走感のある「Fantasy」から「Ocean of Light」までは、アップテンポのポップチューンで駆け抜ける。抒情的な曲もNELLらしいが、こういうアップテンポな曲にもNELL独自のグルーヴがある。フロアもジョンワンの声に合わせて一緒に歌い、一体感も加速して、ラストはピアノの音色が美しいバラード曲「Let the hope shine」でしっとりと締めくくった。

アンコールで再びステージに登場すると、ドラムのジェウォンが「最後まで楽しんで! 今日はありがとう」と日本語で感謝を述べると、「Green Nocturne」がスタート。ジョンワンのハイトーンに、フロアもじっくりと声を傾ける。「Home」が終わると、ギターのジェギョンが勉強中の日本語で、「皆さんのおかげで楽しかったです。早く会いたいです。今、新作を制作しています」と言うと、会場から歓喜の声が上がり、最後は「Words You should'nt believe」というNELLらしさあふれる3曲でアンコールを締めくくった。

あわせて読みたい

  • COLDPLAYのクリス・マーティンも絶賛、韓国を代表するロックバンドNELL 来日決定

    COLDPLAYのクリス・マーティンも絶賛、韓国を代表するロックバンドNELL 来日決定

  • エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2018年7月22日の音楽記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    音楽ニュースアクセスランキング

    音楽ランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    芸能の人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトミュージックとは?

    話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

    その他のオリジナルニュース