LIFriends ケガから完全復活 心機一転の好作『サマータイムロック』/インタビュー前編

 
LIFriends ケガから完全復活 心機一転の好作『サマータイムロック』/インタビュー前編

LIFriends/7月25日にシングル『サマータイムロック』をリリース


昨年5月、リリースイベントに出かけた事故によるケガをしたVo.SHUNKUNが活動を休止していたLIFriendsが12月16日のマイナビ赤坂BLITZで完全復活。1年3ヵ月ぶりに7枚目のシングル『サマータイムロック』をリリースする。前作『俺たちのララバイ』とほぼ同時期に制作に入り、1年前には完成していた曲がようやく満を持して世に送り出されることになった。バンドのパワーを随所に感じる夏のラブソングとも言いたいアップチューンだが、今回はカップリング曲も要チェック。ビートロックにパンキッシュなロック、ロッカバラードなどスタイルは違えど、いずれも“バンド”の3文字が力強く押し出された楽曲。大変な1年を乗り越えたLIFriends、心機一転の好作だ。
(取材・文/前原雅子)

SHUNKUNが復活する、帰ってきたぞっていう意味でもある1枚

──昨年は大変でしたね。

FUNKY:俺ら4人は1ヵ月のリハビリで歩けるようになったので、6月くらいから4人でライブを再開させたんですけど。SHUNKUNはひどい骨折だったので。

SHUNKUN:退院まで2ヵ月半、12月中旬の復活ライブまで9ヵ月も休むことになっちゃって。

──4人でライブをやっていたとき、ボーカルはどうしていたんですか。

MAKOTO:FUNKYと僕とでやってました。

FUNKY:なのでライブの演出も全部変えて。それにしても、あんなにライブが怖かったことはないですね(笑)。歌うだけじゃなくてMCとかもしないといけないから。何を喋るか毎日考えて、携帯とかにメモして。どうやったらもっと伝わるんだろって、すげー考えましたね。SHUNKUNの有り難さが身に沁みました。

──すると今回収録されている曲は、いつ曲作りを?

SHUNKUN:曲作りはリハビリしながらやっていて。そういう意味では全然やり続けてたし、新曲もかなり作ってたんですね。ただ「サマータイムロック」は「俺たちのララバイ」の直後には出来ていて、2017年の夏はこれでいこう!ってなっていたんですよ。

FUNKY:レコーディングも終わってましたし。でもそうはいかなくなって、今回ミックスをし直して1年越しのリリースになったという。

──時間とともに気持ちのモードが変わることもあると思うのですが、1年経っても「この曲でいこう」と思えるほど、思い入れの強い楽曲だったんですね。

FUNKY:出したかった曲だったので。SHUNKUNが復活する、帰ってきたぞっていう1枚になるという意味でも、外せない曲でしたね。

SHUNKUN:「俺たちのララバイ」に続いて、この曲もシライシ(紗トリ)さんにお手伝いしていただいてるんですけど。リフレンズらしさ+シライシ節というか、シライシさんから見たLIFriendsというものをアドバイスしていただきながら作ったので。自分たちのなかでも、すごく納得のいく出来になった曲なんですよね。

あわせて読みたい

エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2018年8月8日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース