百花繚乱のバンドブーム到来 平成の誕生と共に生まれた音楽番組『イカ天』人気を振り返る

百花繚乱のバンドブーム到来 平成の誕生と共に生まれた音楽番組『イカ天』人気を振り返る

浮かれたお祭り騒ぎという一面があったことも事実ではあるけれど、なんだかとても懐かしい。そして恋しい。



CDが売れない、配信も今ひとつだ、このままでは日本の音楽はどうなるんだ、ジリ貧か……? などとお先真っ暗な話ばかりが後を絶たない、ここ数年の音楽シーン。そうは言うものの、街を歩けばギターを背負った男子や女子(少なからず中高年の人もいる)は当たり前のように目にするし、練習スタジオは増え続けているし、ライブハウスのブッキング状況も全然悪くない。でも、音源のセールスは伸び悩みどころか、だいぶ危機的状況というのだから不思議だ。無料観できる、無料聴きできるYouTubeが悪いのか、もはや音楽は聴くものではなくリアルタイムで体感するものなのか……。  

なんてことを思ったとき、ふっと頭をよぎったのが1990年前後に巻き起こったバンドブーム。ブームを後押ししたのは“イカ天”こと『三宅裕司のいかすバンド天国』というTBSテレビが深夜に放映していた、簡単に言えばアマチュアバンドの登竜門的番組。この番組をきっかけに、「ボクもワタシもバンドにレッツ・ゴー」状態でバンド活動ビギナーも一気に増加。そうして百花繚乱のバンドブームの到来となったわけである。

もちろんそれ以前からバンドブームはあった。一般に“第一次バンドブーム”と呼ばれるのはサザンオールスターズやRCサクセションが登場した、1970年代後半~1980年代前半のブーム。筆者は当時通っていた予備校で「もう世も末ですねぇ、なんですか、あのサザンナントカの勝手にシンドバッドって」と現国の教師が大きくため息をついてボヤく姿を今でもよく覚えている。歌謡曲やフォークソングやニューミュージックに慣れていた耳に、“胸さわぎの腰つき”は、その歌い方も含めてかなりセンセーショナルなものだった。

あわせて読みたい

エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2018年8月1日の音楽記事
「百花繚乱のバンドブーム到来 平成の誕生と共に生まれた音楽番組『イカ天』人気を振り返る」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    一度、同窓会番組やってくれ~!

    0
  • 匿名さん 通報

    この番組って9割9分が文化祭レベルのグループだったからなぁ。

    0
  • 匿名さん 通報

    同窓会番組は、10年前にやった

    0
  • 匿名さん 通報

    フライングキッズは、番組側が仕込んで用意した半分プロの優勝確定済み勝ちバンドだった。それが計算が狂い、たまとか逸材が出現し、かすんでしまった。

    0
  • 匿名さん 通報

    CDなんか売れなくても、人間の音楽表現したいという純粋な欲求はしぼむことはないのだ。売れてのし上がって金儲けって発想は古い。昭和。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース