RISING SUN ROCK FESTIVAL、50時間&74000人のオーディエンスを迎えて閉幕

RISING SUN ROCK FESTIVAL、50時間&74000人のオーディエンスを迎えて閉幕
東京スカパラダイスオーケストラ<br />(C)RISING SUN ROCK FESTIVAL<br />撮影/n-foto RSR team
※すべての画像を見る<計10点>※

1999年のスタートから今年で20回目の開催となった『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2018 in EZO』。全ての入場券がSOLD OUTとなり、総入場者数74,000人のオーディエンスを迎えて、本日8月12日(日)昼12時で2泊3日、50時間の開催期間を終了した。

初日の夜は雷雨に見舞われるなど、過酷な環境での野外フェスとなったが、数々のドラマを生みながら20回目の朝を迎え、そして21回目の『RISING SUN ROCK FESTIVAL』の開催も決定。RISING SUN ROCK FESTIVALは来年に向けて動きだす。

≪開催概要≫
【RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZO】
2019年8月16日(金)17日(土)

<RSR2018入場者数>
8/10(金) 37,000人
8/11(土) 37,000人
TOTAL 74,000人

≪オフィシャルレポート≫
■■yonige
■8月10日(金)17:00~@EARTH TENT 
EARTH TENTの2組目として登場したのはyonige。野心とは無縁のマイペースなスタイルに反して、飛ぶ鳥を落とす勢いで爆進中の2人。彼女たちへの期待値の高さは、初登場で用意されたそのステージの大きさや、満場のフロアからも十二分に伺えた。

今か今かとと待ち構える観客の中、やはりゆったりと登場した牛丸ありさ(Vo,Gt)とごっきん(Ba,Cho)。1曲目に披露したのは「最愛の恋人たち」。真っ赤な照明の中で<灰になってもうどれほど経つだろう/今思えばあなたのことは/好きじゃなかったけど好きだったような>と恋に溺れた人間のやるせない気持ちを唄い上げ、瞬く間に会場を自分たちの色に染め上げた。

あわせて読みたい

エキサイトミュージックの記事をもっと見る
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース