smadan

ウェルスナビとテオ ロボアドバイザー投資2社をFPが比較

ウェルスナビとテオ ロボアドバイザー投資2社をFPが比較

最近の投資ブームで注目を浴びるようになった「ロボアドバイザー」。年齢や性別、年収、貯蓄、ローン有無、投資経験など複数の条件を入力すると、それをもとに分析がされ、自動で自分に合う運用ができるフィンテックの1つだ。2016年に登場したロボアドバイザーはテレビや雑誌で取り上げられるとともに利用者を増やし、2017年には20社を超えた。

ロボアドバイザーには「投資一任型」といわれる、投資商品の紹介から運用まですべて行ってくれるタイプと、「アドバイス型」といわれる投資商品の提案はしてくれるが運用は自分で行うものの2タイプがある。

正直、私自身は自動設定もしくは提案されて投資をすることよりも自分で考えたいほうなので、今のところロボアドバイザーをあまり好まないのだが、初心者や投資に時間を割くことが難しい人には好評だ。そこで、今回は証券会社から派生しているものではなく、独立系の投資一任型でサービスが似ている「ウェルスナビ(WealthNavi)」と「テオ(THEO)」を比較してみようと思う。

ウェルスナビ(WealthNavi)


ウェルスナビとテオ ロボアドバイザー投資2社をFPが比較

一番よく聞くロボアドバイザーの名前かもしれない。2016年に始まり、2018年7月に顧客からの預かり資産が900億円を超えるほど利用者が増えている。同サービスの公式サイトによると、利用者層は20代から50代まで幅広く、9割ほどは投資経験が多少あるという。初心者向けというよりも投資を知っている人向けという印象を持つが「価格が下がった時の対応」なども確認してくれるため、初心者でも自分のリスク許容度に合わせた運用を可能にしてくれる。

最低投資金額は10万円からだが、積立投資は1万円から1円単位でできる。投資対象は海外のETF(上場投資信託)、手数料は預かり資産の評価額に対し、年1%(3000万円を超える部分は0.5%)。

大きな特徴は「税金最適化」。DeTAXという、自動税金最適化機能だ。ロボットが自動で運用を行うと、運用状況により自動で売買が行われるが、税金の発生を先延ばしにして、発生する税金を最小限にとどめようとしてくれる。他のロボアドバイザーにはこういった機能は今のところなく、大きな特徴の一つといえるだろう。

テオ(THEO)


ウェルスナビとテオ ロボアドバイザー投資2社をFPが比較

ウェルスナビ同様、海外のETFを投資対象としたロボアドバイザー。よくウェルスナビと比較される。2016年に始まったが、現在預かり資産は100億円を超え、20~30代の若者を中心に利用者が増えている。若者の割合は全利用者の56%ほども占め、地域の金融機関との連携を強めていることが影響しているといわれている。

最低投資金額は1万円から。積立投資も1万円から1000円単位でできるため、投資のハードルも低くより初心者が始めやすいものであるといえる。マイルとの連携もあり、マイルも貯められる。

特徴的だと思うのはその名で、画家「ゴッホ」を資金面で支えた弟の名をとったという。投資も支えてくれるという意味で「テオ」なのだろう。
ウェルスナビとテオ ロボアドバイザー投資2社をFPが比較
ウェルスナビとテオの主な特徴比較


投資を始めるきっかけに


とても良く似ていると思える2つのロボアドバイザーだが、ウェルスナビは「投資」というものをある程度知っている人がやっており、テオは若者など初心者を中心に広まってきたという印象を持つ。

どちらも海外ETFへの投資というがその内容も異なるため、もし始めてみたいと思うなら、2つのサイトを覗いて、商品などを比較することをお勧めする。

現代の投資は、家計の延長線上にあるべきものだと私は考えている。だからこそ、始めるのであれば初心者であるほど「積立投資」をお勧めしたい。そうして、任せきりにできるロボアドバイザーでの投資だが、任せきりばかりにせず、少しずつでも投資の勉強をし、自力で投資ができるようにもなってほしいと思う。そうすると、不思議と「自分の身の回りのおかねにも関心が持て、日々のお金の使い方改善にもつながりやすい。

そして、ロボアドバイザーを使うのは、練習のためと割り切ってもよいかもしれない。なぜかというと、手数料が年間1%とは言うものの、実はこれは高いと思う。自分でやれば、手数料の節約の仕方、税金の節約の仕方も段々わかってくる。

ただ、くどいようだが投資を始めるきっかけには大変良いと感じている。投資を始めるかどうか迷う人は、まずはここから始めてもよいだろう。
(横山光昭)
編集部おすすめ

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スマダンニュースランキング

スマダンランキングをもっと見る
お買いものリンク