review

「半分、青い。」118話。お爺ちゃん死す「なにかを楽しみにしたまま、夢の途中で死ぬのも、ええなあ」

連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)
第20週「始めたい!」第118回 8月16日(木)放送より。 
脚本:北川悦吏子 演出:土居祥平
「半分、青い。」118話。お爺ちゃん死す「なにかを楽しみにしたまま、夢の途中で死ぬのも、ええなあ」
連続テレビ小説「半分、青い。」スピンオフ漫画 「半分、青っぽい。」 なかはら・ももた  扶桑社
鈴愛の漫画の中の人なかはら・ももたのスピンオフ漫画が9月12日発売

連続テレビ小説「半分、青い。」スピンオフ漫画 「半分、青っぽい。」

118話はこんな話


仙吉(中村雅俊)が88歳で大往生。

楡野家の朝ごはん


朝、鈴愛(永野芽郁)は玉ねぎの味噌汁を作って、楡野家そろって朝ごはん。
別居して、食堂に通いで働いている草太(上村海成)も一緒。
朝ごはんを食べながら、仙吉は家族に対していろんなことを改めて思っていた。
その気持は廉子(風吹ジュン)がナレーションで余さず代弁する。

「バック・トゥ・ザ・フューチャーかと思った」


一方、萩尾家の朝。
笛の音と「律〜」と呼ぶ声で目が覚めた律(佐藤健)。
窓を開けると眼下にカンちゃん(山崎莉里那)がいた。
笛は鈴愛から譲り受けたものだ。すごい、こどもに習慣が受け継がれてしまった。
「バック・トゥ・ザ・フューチャーかと思った」と律は戦慄する。
そんなことはお構いなしに、カンちゃんは鈴愛が描いてくれた犬の絵を律に見せる。

カエルのおばあちゃん


犬の絵から再び楡野家。
仙吉はひとりごとはしゃべらず、すべて廉子がナレーションで説明する。
仙吉は自分の助言で鈴愛が漫画家であった過去を隠さなくなったことに「俺は立派や」と満足。
自分の思考を第三者に語られ、ん? と庭を見ると、大きなガマガエル(ひきがえる?)。

あわせて読みたい

エキサイトレビューの記事をもっと見る 2018年8月17日のレビュー記事をもっと見る
「「半分、青い。」118話。お爺ちゃん死す「なにかを楽しみにしたまま、夢の途中で死ぬのも、ええなあ」」の みんなの反応 14
  • 匿名さん 通報

    冒頭から、何だかもうすぐ亡くなりそうだなと思い、途中で完全に、今日亡くなるんだなと悟りました。仙吉さん、お疲れ様でした。とても素敵な理想のおじいさんでした。

    13
  • 匿名さん 通報

    鈴愛は五平餅の習得早かったなあ。その昔、ひしもっちゃんが鈴愛に「漫画を描く人は手先が器用、料理もきっとすぐうまくなる」と言ってたのは伏線だったのかなw

    9
  • 匿名さん 通報

    逝く前にもう一曲歌って欲しかった。ふれあいとか。

    8
  • 匿名さん 通報

    仙吉さん急逝。五平餅特訓の時に凄く元気そうだったので、このタイミングで亡くなるとは意外でした。廉子さんが亡くなってから約30年、お疲れさまでした。もしかして、これからは天の声が2人に(?) はないか。

    6
  • 匿名さん 通報

    そろそろ亡くなるかな、なんて思いながら観たり、「逆腹上死」なんて連想したり……ドラマの見方として褒められたものじゃないかもしれませんが、そういうのも、ええなあ。

    5
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

半分、青い。

半分、青い。

NHK「半分、青い。」レビュー記事一覧

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース