スペシャ主催『SWEET LOVE SHOWER 2018』閉幕 富士のふもとに75000人が来場

スペシャ主催『SWEET LOVE SHOWER 2018』閉幕 富士のふもとに75000人が来場
(C)SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2018
※すべての画像を見る<計128点>※

8月31日(金)から9月2日(日)までの3日間、山梨県 山中湖交流プラザきららにて開催された『SWEET LOVE SHOWER 2018』。チケットは全日ソールドアウト、3日間合計で75,000人を動員する大盛況となった。

各日午前9時台、WATERFRONT STAGEでは“MORNING ACOUSTIC”アクトとして向井太一やMONO NO AWARE、TENDREら、FOREST STAGEのオープニングアクトとしてKing GnuやBURNOUT SYNDROMES、CHAIら、それぞれ次世代を担っていくであろう新進気鋭アクトが展開された。

■8月31日(金)
Mt.FUJI STAGEには、2年連続の出演となったヤバイTシャツ屋さんを皮切りにSKY-HI、BLUE ENCOUNTらが登場。トリを務めたレキシは、年々その数が増えていく稲穂が揺れる「狩りから稲作へ」など、終始“池ちゃん節”で観客を楽しませた。

FOREST STAGEではCreepy Nuts、ポルカドットスティングレイらが熱いステージを繰り広げ、トリには初出演のROTTENGRAFFTYが抜擢。そして04 Limited SazabysやSiMなど、お昼頃からパンクアクトが続いたLAKESIDE STAGE。ユーモア溢れる10-FEETのアクトでは、「goes on」でヤバTのこやまたくやが乱入するなど、予定調和なしのショーを繰り広げた。...続きを読む

あわせて読みたい

エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2018年9月2日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース