高いエンタテインメント性で魅了する「エビライ」は世界へ羽ばたく!/レポート

高いエンタテインメント性で魅了する「エビライ」は世界へ羽ばたく!/レポート
全出演者<br />撮影/米山 三郎、笹森 健一、小坂 茂雄
※すべての画像を見る<計15点>※

■【EBiDAN THE LIVE 2018 DAY2】レポート
2018.08.29(WED) at 東京国際フォーラム ホールA

スターダストプロモーションに所属する若手男性メンバーで構成されるEBiDAN。彼らが総出演する真夏の恒例人気イベント「EBiDAN THE LIVE」、通称「エビライ」ファイナルをレポート!

  オープニングアクトを飾ったのは、直前に行われたライブバトル「夢と涙のD7」を制したBATTLE BOYS TOKYO。熱気を携えたまま、誇らしげな表情で会場へ。客席からステージへと駆け上がる姿もカメラはしっかり捉えていた。初々しい挨拶と裏腹に力強いパフォーマンスでイベントのスタートを飾った。

 セクション1の「BATTLE ROUND」で口火を切ったのは、前日に突如、山中柔太郎と曽野舜太、琉弥の3名が加わり7人体制になると発表し、会場をどよめかせたMiLK。塩崎太智の明るく元気な「おはようございます!トップバッターです」の声で、MiLKらしいポップで爽やかな「めちゃモル」でライブの幕は切って落とされた。続く「Over The Storm」は新体制のために作られた新曲で、大人っぽい魅力が光るダンスチューン。7人が歌詞を歌い継ぎ、前に進み続けるという固い決意を歌に込めていた。

 2番手は、口ずさみたくなる親しみやすい楽曲と軽やかなダンスが魅力の3人組、さとり少年団(SATORI BOYS CLUB/SBC)。「最高に楽しんでいきましょう」と勢いよく飛び出してくるやいなや、5月にリリースしたノリの良い2ndシングル「WE/GO」をパフォーマンス。合間に「カモン!カモン!」と熱心に呼びかけ、その声に観客も笑顔で応えていた。続くサマーチューんではジャンパーを脱ぎ捨て、「タオルを回しましょう」とさらに会場へ声を飛ばす。夏のまぶしい陽射しのようなキラキラした光景が広がった瞬間だった。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース