KEYTALK、自身最大規模の幕張メッセ公演に1万4000人 片時も目も耳も離せない2時間30分

KEYTALK、自身最大規模の幕張メッセ公演に1万4000人 片時も目も耳も離せない2時間30分
撮影/後藤壮太郎、木村泰之
※すべての画像を見る<計7点>※

9月8日(土)、KEYTALKが幕張メッセ国際展示場9-11ホールで史上最大規模のワンマンライブ『ド真ん中で頑張マッセ~shall we dance?~』を開催した。

チケットがソールドアウトしたこの公演を観るために約1万4千人の観客が集まった会場内は、スタート前からものすごい熱気で満たされていた。何と言っても目を引いたのは、360°を観客で囲まれているセンターステージ。このような形でワンマンライブを行うのは、KEYTALKにとって初の試みとなる。果たしてどのようなライブとなるのだろうか?

期待に胸を膨らませているうちに、ついに迎えた開演時間。ステージ上に寺中友将(Vo,Gt)、首藤義勝(Vo,Ba)、小野武正(Gt,MC,Cho)、八木優樹(Dr,Cho)が登場し、特効の爆発音と共に1曲目「暁のザナドゥ」がスタート。一気に会場内の気温が上昇するのを肌で感じて、びっくり! そして「YURAMEKI SUMMER」「Love me」「パラレル」「MABOROSHI SUMMER」など、その後も強力極まりないナンバーが連発され、観客は夢中になって踊り続けていた。

寺中&首藤の絶妙なコンビネーションによるツインボーカル、華麗なフレーズを魔法のように奏で続ける小野、心地よいビートの申し子のような八木――この4人が鳴らす音は、本当にカッコよくてたまらない。百戦錬磨のライブバンドであるKEYTALKが、幕張メッセ国際展示場9-11ホールの隅々までをライブハウスのような生々しいエネルギーで満たしていく様を、序盤からまざまざと感じることができた。...続きを読む

あわせて読みたい

エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2018年9月9日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース