KEYTALK、自身最大規模の幕張メッセ公演に1万4000人 片時も目も耳も離せない2時間30分

そして、7月18日にリリースされた最新シングル『Cheers!』のカップリング曲、2018年度赤十字運動月間ショートムービー「ミラクルヒーローズ」タイアップソングとなった「東京シネマ」も初披露。これも、とても嬉しいサプライズであった。

「コースター」「桜花爛漫」などを経て雪崩れ込んだ終盤の盛り上がりも、とにかくすさまじかった。特に観客を沸かせたのが「Summer Venus」。EDM風のサウンドとなる部分も交えつつドラマチックな展開を遂げるこの曲は、ファンに深く愛されているが、この日は一際楽しいものとなっていた。事前に配布されていたパリピメガネ(紙製の簡易サングラス)を1万4千人の観客が着用したことによって、華やかなパリピ空間と化した幕張メッセ。ライトを受けるとキラキラ光る素材のメガネが会場全体できらめく中で届けられたこの曲は、あの場にいた全ての人にとっての素敵な思い出となったのではないだろうか。

“おみこしくん”というキャラクターに扮した小野(“祭”という大きな文字が書かれた赤い団扇を手に持ち、7色の羽根飾り、紅白のしめ縄でドレスアップしている)が音頭をとり、全エリアの観客を盛り上げた「MATSURI BAYASHI」で本編は終了。アンコールでは「トラベリング」と「Monday Traveler」が届けられ、終演を迎えたのかと思ったのだが……スクリーンに今日のライブのセットリストが流れ、29曲目の「Monday Traveler」まで表示された後、まだ演奏していない30曲目として浮かび上がったのは「MONSTER DANCE」。やはりこの曲をやらないわけにはいかない! 自分たちを囲んでいるすべてのエリアで観客がお馴染みの振り付けを完璧に踊り、笑顔をきらめかせている様を見ながら演奏していたメンバーたちは、実に嬉しそうな表情を浮かべていた。

あわせて読みたい

  • KEYTALK、26カ所30公演の全国ツアー完走「みんなの力が絶対に必要だと、このツアーで気づいた」

    KEYTALK、26カ所30公演の全国ツアー完走「みんなの力が絶対に必要だと、このツアーで気づいた」

  • KEYTALK あの曲この曲、あの手この手で、会場を熱狂と笑顔で満たしたツアーファイナル

    KEYTALK あの曲この曲、あの手この手で、会場を熱狂と笑顔で満たしたツアーファイナル

  • KEYTALK 念願の初の日本武道館公演は踊れや騒げの濃厚で熱過ぎる舞踏会

    KEYTALK 念願の初の日本武道館公演は踊れや騒げの濃厚で熱過ぎる舞踏会

  • KEYTALK 今のスタンス、そしてこの先にある大舞台を予感させたZepp公演

    KEYTALK 今のスタンス、そしてこの先にある大舞台を予感させたZepp公演

  • エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2018年9月9日の音楽記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    音楽ニュースアクセスランキング

    音楽ランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    芸能の人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトミュージックとは?

    話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

    その他のオリジナルニュース