review

「ザ・プレデター」から滲み出るテレビ洋画感に泣け!80年代的気負いのなさと男たちの肉弾戦よ

つまり『プレデター』は「めちゃくちゃ強い奴がめちゃくちゃ強いエイリアンとガチンコで戦う」という作品だった。言うなれば『プレデター』はSFホラーの皮を被ったG1クライマックスであり、そこにこの作品の特異な点がある。『プレデター』は第1作目にして「地球で一番強い奴VS宇宙の残虐ハンター」という構図をやり尽くしてしまったため、続くシリーズはそれぞれ面白いものの、「筋肉と男気が足りない気がする……」という食い足りなさを感じたのも事実だ。


80年代的ガバガバアクション映画の文法によって、ついつい笑顔に……


で、『ザ・プレデター』である。主人公は傭兵のクイン。彼は任務で赴いたメキシコのジャングルでプレデターが乗った宇宙船の墜落に遭遇、証拠としてマスクとガントレットを回収し、「宇宙船に遭遇した証拠」として当局に察知されにくい別れた妻と息子のローリーが住む家に送る。しかし、ガントレットの装置をローリーが起動してしまい、その信号に反応して政府の研究機関に捕らえられていたプレデターが脱走! 一方プレデターを目撃したことで同じ研究機関に拘束されていたクインは、軍刑務所行きのバスの中で出会った元兵士のならず者集団"ルーニーズ"と組み、プレデターから自分の息子を助け出そうと行動を始める。プレデターを追う政府機関とルーニーズ。自らの装備を取り戻しに向かうプレデター。しかしそこに、全く新種の"アルティメット・プレデター"が向かっていた。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2018年9月19日のレビュー記事
「「ザ・プレデター」から滲み出るテレビ洋画感に泣け!80年代的気負いのなさと男たちの肉弾戦よ」の みんなの反応 3
  • エンターテーメント 通報

    ジュラシック・SW・派手に映画作ろうぜ!日本の万引き・お笑い・ヤンキーはもういいよ、作らなくって。1800出したくない。

    1
  • 匿名さん 通報

    THE・ヤクザ的な。

    0
  • 匿名さん 通報

    プレデターさんってドジでうっかりさんの武士道を重んじる日本の侍。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース