smadan

Zaifハッキング被害!Coincheckとの「二重被害」報告ツイートも

テックビューロ(大阪市)は9月20日、同社の運営する仮想通貨取引所「Zaif」がハッキング被害を受け、仮想通貨の一部が流出したと発表した。被害額は約67億円相当で、そのうち顧客の資産は約45億円だという。

ネットでも大きな騒ぎになっており、中には18年1月に起こった「Coincheck」の流出事件で被害にあった人が、今回のZaifでも同様に預けていたため「二重被害」になったことを報告している。

Zaifハッキング被害!Coincheckとの「二重被害」報告ツイートも
画像はイメージ

被害者「GOX2冠達成」ツイート


同社の発表によると、9月14日17時ごろから19時ごろまでのあいだ、 Zaifへ外部から不正アクセスがあり、インターネット接続状態で仮想通貨を保管するホットウォレットから「ビットコイン」「モナコイン」「ビットコインキャッシュ」が流出した。

ネットでは Zaif利用者から「わたしのビットコインとイーサ返ってくるかな」「久しぶりにアカウント開いたら7万くらい入ってて真顔。返してください...私のお金」といった反応が出ているほか、「Coincheck」との二重被害にあった人も。
「積立のBTCとMONAがやられたかも 被害額は最大で10万円」「なおこれでcoincheckのNEMに続きGOX2冠達成の模様 笑えない」と嘆き、「CoincheckとZaif 両方のハッキング被害にあった者の備忘録」として、「資産を絶対に取引所に預けない」と同じフレーズを何度も書いていた。

仮想通貨は取引所に置きっぱなしは危ない


Coincheckで起こった仮想通貨ハッキング騒動のときも、当時の日本円換算で約460億円が盗まれたのはホットウォレットからだった。仮想通貨取引所に預けておくと一定のリスクがあるため、個人レベルの安全対策として、ネットワークにつながっていない「コールドウォレット」へ移すことが推奨されている。たとえば、ハードウェアウォレットは外部デバイスに秘密鍵(プライベートキー)やアドレスを保管するというもので、TREZOR、Ledgerといったブランドがある。

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年9月20日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。