bit

「イグ・ノーベル賞」は日本人受賞者がなぜ多い?


展覧会では、研究内容の体験もできる?


日本人だけでなく、これまで受賞した研究のパネルも多く展示されています。テリー伊藤さんによる一言コメントも。

「イグ・ノーベル賞」は日本人受賞者がなぜ多い?
浮気の研究のパネルと、テリーさんの抗議のコメント


またパネルのみならず、実物の展示や体験ができる研究もあります。例えば、非常時にガスマスクになるという「エマージェンシー・ブラ」のパネルの隣には本物のブラジャーが。うん、わかりやすい!

「イグ・ノーベル賞」は日本人受賞者がなぜ多い?
ガスマスクになるブラジャー


黒板を引っかく音が不快である研究のパネルの隣には、ちゃんと引っかき用の黒板がありました。

「イグ・ノーベル賞」は日本人受賞者がなぜ多い?
引っかき用の黒板


ちなみに筆者が一番ハマったのは、トーストが床に落ちるとバターを塗った面が下になりやすいという研究の体験。なるほど、机の高さがこの位置だからちょうど半回転するんだな、とかいろいろ考察しちゃいました。いやあ、素敵な頭の無駄遣いだなあ。

「イグ・ノーベル賞」は日本人受賞者がなぜ多い?
トーストの落下の研究パネル

「イグ・ノーベル賞」は日本人受賞者がなぜ多い?
トーストの落下の体験


その他、イグ・ノーベル賞の歴史をまとめた年表や、トロフィーの実物なども展示されています。

「イグ・ノーベル賞」は日本人受賞者がなぜ多い?
イグ・ノーベル賞のトロフィー


出口のおみやげ売り場では、ステッカー(税抜80円)やクリアファイル(税抜300円)などのオリジナルグッズが販売。さらには、ドクター中松さんの有名なあの靴も置かれていました。

「イグ・ノーベル賞」は日本人受賞者がなぜ多い?
オリジナルクリアファイル

「イグ・ノーベル賞」は日本人受賞者がなぜ多い?
ドクター中松さんの靴


イグ・ノーベル賞のニュースは毎年耳にしますが、なかなかそれぞれの研究をじっくり見ることはありませんでした。今回の展覧会ではパネルだけでもたっぷり読みふけってしまいます。また体験できない研究が多い中でも模型やイラストがあるなどの工夫が感じられました。論文や研究書だと読みづらい内容なのに全然飽きないのは、イグ・ノーベル賞はユーモアを持っているからかもしれません。

『イグ・ノーベル賞の世界展』
<会期>
2018年9月22日(土)~11月4日(日) ※開催期間中無休
平日 12:00~18:00、土日祝 10:00~18:00(最終入場17:30)

<会場>
東京ドームシティ Gallery AaMo(ギャラリー アーモ)

<料金>
大人 1,400円、小人 900円

https://www.tokyo-dome.co.jp/aamo/event/ignobel2018.html

(高柳優/イベニア)

あわせて読みたい

  • ルックスと収入、そして整形手術

    ルックスと収入、そして整形手術

  • しっぽ曲がりの猫を研究する学会

    しっぽ曲がりの猫を研究する学会

  • 「集中力」が目に見える装置

    「集中力」が目に見える装置

  • いびきをするテディベア

    いびきをするテディベア

  • コネタの記事をもっと見る 2018年9月28日のコネタ記事
    「「イグ・ノーベル賞」は日本人受賞者がなぜ多い?」の みんなの反応 3
    • 匿名さん 通報

      日本人はどんなことでも真面目に突き詰める。どんなにバカバカしい研究だろうが、AVだろうが。

      2
    • 匿名さん 通報

      「エグッ・ノーベル賞」は中国・韓国が独占は納得

      2
    • 匿名さん 通報

      金余り処の趣味だから 庶民じゃないから

      1
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース