review

映画「若おかみは小学生!」高坂監督「この子だったら許せるなと思ってもらえるように」

映画「若おかみは小学生!」高坂監督「この子だったら許せるなと思ってもらえるように」
花の湯温泉一の大旅館「秋好旅館」の跡取り娘で、おっこの同級生の秋野真月。温泉街には不釣り合いなくらいに派手な服装をしているが、いつも真剣に花の湯温泉や秋好旅館の今後のことを考えている

──ウリ坊美陽もユーレイではありますが、とても明るいキャラクターです。

高坂 ある意味、両親が死んでいることをおっこが意識せずに済んでいたのは、ウリ坊や美陽や鈴鬼の存在があったからなんですよね。でも、成長するにつれて、ウリ坊たちとはコンタクトが取れなくなってきて、追い込まれていき、最後のとどめとして、事故の加害者(木瀬文太)がお客さんとしてやってくるという流れ。おっこには、かなり辛い思いをさせてしまいましたね……。でも、先ほど(前編)も話しましたが、おっこを可愛く描くのは大変で、逆に僕もおっこにいじめられながら仕事をしていました(笑)。

──原作は全20巻もあり、春の湯を訪れる宿泊客だけでも非常に多くのキャラクターが登場します。今作に登場する宿泊客は、どのような狙いがあって選んだのかを教えて下さい。

高坂 まずは、原作の特色が一番色濃く出ているということで、1巻に登場する(神田)あかね君。彼は物語の説明をする上でも必要な登場人物でした。それに、僕の中では、今のおっこを象徴するというか、対比にもなっているキャラクター。親を亡くしたという点では同じ境遇で年齢も同じ。今、表出している姿は全然違うけれども、もしかしたらおっこもあかね君と同じような反応したかもしれない。そういう存在としても捉えていたんです。その後に出会う占い師のグローリー(・水領。原作では6巻で初登場)さんは、同じ接客業を生業としているので、未来のおっこをイメージして描きました。最後のお客さんの...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2018年9月28日のレビュー記事
「映画「若おかみは小学生!」高坂監督「この子だったら許せるなと思ってもらえるように」」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    素晴らしい映画だった。両親の死を受け入れ、乗り越えていくおっこは健気で、久々に映画館で泣いてしまった。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース