葵-168- 文句も言わずついてきてくれたファンあってこその自分/インタビュー後編

 
葵-168-  文句も言わずついてきてくれたファンあってこその自分/インタビュー後編

――【葵-168-】インタビュー前編より

――『ニュークラシック』の中で特にチャレンジした曲は?

葵:今回、曲を提供してくれているのが自分の音楽人生の中で一緒にやってきている人たち(和矛、涼平、夢人、渡辺拓也)で、どの曲も僕の過去の時代の匂いがどこかにすると思うんですよ。なので真新しいチャレンジはないんですが、あえていうと細かい言葉遊びをしていたり、言葉の選び方もギリギリのラインで表現している箇所があったりするのでぜひ歌詞を見ながら聴いてほしいですね。それと「CANDY」や「アザレア」は恋愛ものに見えて、違うメッセージを込めていたり。

――ぜひ、そのあたりも教えてください。

葵:「アザレア」に関してはわかりやすく例えると『昼顔』みたいな世界観なんですが、実際は何を言いたいかというと、今の世の中って何が正しくて何が間違っているのかわからなくなってきている気がするんですよね。でも、自分が正解だと思うものを突き通すべきなんじゃないかなって。それは自分が葛藤していた時代の答えの一つでもあるんです。

――自分の心に忠実に生きるっていうことですか?

葵:はい。今はSNSで誰でも発信できる時代で、世の中的に過敏になっていることもたくさんあるかもしれないけれど、自分の中に正解を持っていたら何にも躍らされないんじゃないかなっていうのをわかりにくく織り込んだ歌詞になっています。「CANDY」では僕のファンではなく、たまたまイベントなどで僕を見た人、いわゆるほかのアーティストのファンのことを歌っていますね。この曲も“薬指を さあ 外して”っていう歌詞が出てきたり、不倫の要素が見え隠れするんですけど、結婚するぐらいに思っている自分が好きなバンドのことを1回とっぱらってみて“僕のことも見てみたらどう?”っていう。

――なるほど。

葵:そういう裏テーマもあるよっていうぐらいな感じですけどね。いろいろ解釈していただけるような曖昧な部分を入れてみたり。

あわせて読みたい

エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2018年10月3日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース