review

地震兵器のフリーメイソン世界の富を支配するイルミナティの謎「秘密結社 世界を動かし続ける沈黙の集団」

日本のみならず、世界ではさまざまな陰謀論が渦巻いている。そのベースになっているのが「秘密結社」の存在だ。フリーメイソン、イルミナティ、スカル・アンド・ボーンズ……実態は知らなくても、名前ぐらいは聞いたことある人も多いかもしれない。

そんな数々の秘密結社を豊富なビジュアルとともに紹介しているのが、ナショナルジオグラフィック別冊『秘密結社 世界を動かし続ける沈黙の集団』である。
地震兵器のフリーメイソン世界の富を支配するイルミナティの謎「秘密結社 世界を動かし続ける沈黙の集団」

ナショナルジオグラフィックの手によるものなので、安易な陰謀論に1ミリも流れていないところがポイント。秘密結社の成り立ちから背景、社会や政治への影響、現在の姿までを簡潔に記している。

フリーメイソンはただの慈善団体?


さっそく具体例を見てみよう。まずは名高いフリーメイソンだ。東日本大震災の際には「フリーメイソンが“地震兵器”で災害を引き起こした」なる陰謀論も飛び交っていたという。ひどい話だ。

フリーメイソンの起源はウィキペディアを見てもはっきりしないが、本書ではヨーロッパで起こった三十年戦争(1618~1648年)の後に起こった「啓蒙運動」がフリーメイソン誕生の契機になったと記している。

三十年戦争とはプロテスタントとカトリックの対立の中で行われた最後で最大の宗教戦争と呼ばれているもので、ヨーロッパ全土で苛烈な暴力の嵐が吹き荒れた。そこで、キリスト教の信仰に疑問を持った人々であるオランダ人哲学者のスピノザ、英国人物理学者のニュートン、ドイツ人哲学者のカントら知識人が起こしたのが「啓蒙運動」だった。米大陸でもこの思想に共鳴した人は多く、やがてアメリカ革命へとつながっていく。そんな中で生まれたのがフリーメイソンである。

あわせて読みたい

  • 「未解決事件」國村とイッセー尾形激突

    「未解決事件」國村とイッセー尾形激突

  • 蛭子能収「貧乏話は自慢にならない」

    蛭子能収「貧乏話は自慢にならない」

  • オウム事件をきちんと総括できたのか

    オウム事件をきちんと総括できたのか

  • 上祐さんから見て北朝鮮って、昔のオウムを見ているみたいだなと思います?

    上祐さんから見て北朝鮮って、昔のオウムを見ているみたいだなと思います?

  • レビューの記事をもっと見る 2018年10月5日のレビュー記事
    「地震兵器のフリーメイソン世界の富を支配するイルミナティの謎「秘密結社 世界を動かし続ける沈黙の集団」」の みんなの反応 15
    • 匿名さん 通報

      結局、本の宣伝でしたというオチ!

      6
    • 匿名さん 通報

      フリーメイソンとイルミナティを擁護するとんでもない記事だ!

      5
    • 匿名さん 通報

      >サイエントロジー  トム▪クルーズらが入ってる、カルト宗教でしたっけ?

      3
    • 匿名さん 通報

      この大山くまおという執筆者は「ナショジオだから事実に基づいた記事」という前提に立っているが、もうねwwそもそもフリーメーソン等が欧米のマスコミに影響力があることは知らないほど無知なのかなw

      3
    • 匿名さん 通報

      個人名を挙げて個人攻撃する深夜の工作員が、また小汚い書き込みしてる。

      2
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース