review

「水曜日のダウンタウン」ノブコブ吉村がいかにスゴいか、ヤバめ素人対応をみっちり振り返ってみた

「釣り堀」という舞台装置の妙


なかなか面倒な「喋りかけてくる人」だが、意思疎通ができるぶんイージーなほう。三四郎小宮などに当てられたのは「無言で映り込んでくる人」だった。

キャップを横にかぶり、無表情でカメラの前に出てくる、浅黒い無精ヒゲの男。じっと見つめてくるが、話しかけても返事をしない。追い払って追い払っても無言で迫ってくる。何が目的かわからない。正直、怖い。

加えて「釣り堀」という場所が芸人たちを不安にさせる。左右に移動できる幅が狭く、ほぼ前後にしか動けない。近づいてくる不審者をカメラの前から外すには、追い抜いて後ろにやりすごすくらいしかない。店や他の客に迷惑がかかるので「自ら水に落ちる」というお約束も閉ざされる。とにかく動きを封じられるのだ。

一方、仕掛ける側にとって、釣り堀は人の動線を予測しやすく、貸し切ってサクラ(釣り客など)も仕込めるメリットだらけの場所である。舞台に「釣り堀」を選択したところに『水ダウ』の計算高さがうかがえよう。

「無言で映り込んでくる人」には芸人たちが揃って苦戦。三四郎小宮は全く対応しないスタッフを睨み、あばれる君は対応に手一杯で言葉に詰まり、パンサー尾形は「怒るよ」というつぶやきがピンマイクに拾われてしまう。

生中継の進行(カンペを読む、段取りを踏む、中継元とやり取りする)と、目の前の不審者対応(カメラの前から外す、不審な行動を監視する、怒鳴らずに応対する)では、考えることが多すぎる。そもそも同時に対応するのは無理な話なのだ。だが、平成ノブシコブシ吉村は違った。

あわせて読みたい

  • 「水曜日のダウンタウン」悪意のルーツ

    「水曜日のダウンタウン」悪意のルーツ

  • 水ダウ 衝撃の説でネットを翻弄

    水ダウ 衝撃の説でネットを翻弄

  • 「生稲晃子の野猪の血抜き」が怖ろしい

    「生稲晃子の野猪の血抜き」が怖ろしい

  • 千鳥・ノブコブ「特攻フルスインガー」

    千鳥・ノブコブ「特攻フルスインガー」

  • レビューの記事をもっと見る 2018年10月5日のレビュー記事
    「「水曜日のダウンタウン」ノブコブ吉村がいかにスゴいか、ヤバめ素人対応をみっちり振り返ってみた」の みんなの反応 18
    • 匿名さん 通報

      2018/10/05 10:10って、馬鹿?記事を読んだ?理解出来た?仕込みなんだよ。仕込んだ上で、タレントを困らせる企画なの。判った?

      20
    • 匿名さん 通報

      コメントが世知辛ぇw 吉村かっこよかったわ

      16
    • 匿名さん 通報

      吉村さん、凄いわ❗見る目変わった❗❗

      12
    • 匿名さん 通報

      >ネタばらし後の吉村のコメントが放送に含まれていなかったこと。  是非、見たかったですね❗

      12
    • 匿名さん 通報

      仕込みに決まってるだろ

      8
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース