review

北川景子「フェイクニュース」前編を観た。正義の報道はネット承認の快楽に敗北するのか

高密度で展開した『フェイクニュース あるいはどこか遠くの戦争の話/前編』(公式)。
拡大スペシャルとかいって時間長くしてダラダラ展開するドラマが多いなか、49分ビタッと無駄を省いて緻密に展開した。
NHK総合テレビ「土曜ドラマ」枠。
主演は北川景子。
脚本は、『アンナチュラル』『逃げるは恥だが役に立つ』『獣になれない私たち』などの野木亜紀子。
北川景子「フェイクニュース」前編を観た。正義の報道はネット承認の快楽に敗北するのか
『フェイクニュース』前編10月20日 後編10月27日NHK21:00
写真は、北川景子1st写真集「27」

北川景子1st写真集「27」

反転する意見


最初の5分間で、登場人物を紹介しながら、ネットメディアの編集部の様子、主人公の苛立ち、やりたくもないカップうどんへの青虫混入事件の取材をやらされていることをギュッと詰め込んで描いた。
さらに、後編でキーパーソンになるだろう最上圭一(杉本哲太)も新聞記事の中にチラっと登場させる周到さ。

青虫うどんのツイートを、記者の東雲樹(北川景子)は、怪しいと踏んでいる。
ツイートした「木から落ちない日本猿」を取材。
湯気が出てないことなどを指摘する。相手はしどろもどろ。
さらに保健所も「混入の可能性は低い」と判断する。

「木から落ちない日本猿」は悪いやつで、異物混入は、ただのフェイクと思っているところに。
アメリカのCSSのサイトに「奴隷労働だ」という記事があがる。
そのため工場の労働者が混入させた可能性もある、と。
「木から落ちない日本猿は、正義の人かもしれません。テイショーの現状を知っていて告発するために青虫うどんをでっち上げ、騒ぎを起こした」

あわせて読みたい

エキサイトレビューの記事をもっと見る
「北川景子「フェイクニュース」前編を観た。正義の報道はネット承認の快楽に敗北するのか」の みんなの反応 8
  • 匿名さん 通報

    この番組の意図は、 NHK等の既存のメディアはあくまでも正しくて、 ネットは間違っている。と、刷り込む事かなと。 基本的にテレビもネットもドッチモドッチかな。

    3
  • 匿名さん 通報

    NHKは、テレビ離れによる受信料収入減を警戒している。今、ネット配信を計画中の模様。テレビかネットを視聴可能であれば、受信料を徴収したいのだ。ゆえに、先日受信料値下げ構想を出した。数十円規模。

    3
  • 匿名さん 通報

    正義ほど、歪んだ感情はない。戦争に勝った方が、我々が正義だ。と言い出す。悪質クレーマーも、自分がした酷い振舞いが、正義、正論だ。と言ったら店員は反論できない。強いものが、正義を唱える。不勉強だ。

    1
  • 匿名さん 通報

    自分もしょうもない記事でPV稼いでるくせに。何様のつもりだ

    1
  • 匿名さん 通報

    みんな綱渡りをやっているのであって、最初から「ここは正義」なんてあるわけがない。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース