review

「ドロ刑」実は刑事とアイドルの成長物語。遠藤憲一から刑事と俳優の心得を学んでいく中島健人2話

10月20日に放送された『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』(日本テレビ系)の第2話。
「ドロ刑」実は刑事とアイドルの成長物語。遠藤憲一から刑事と俳優の心得を学んでいく中島健人2話
ドロ刑(ヤングジャンプコミックス)1巻/集英社

初回は新米刑事・斑目勉(中島健人)と大泥棒・煙鴉(遠藤憲一)によるバディものを期待させた。今回描くのはチームプレイの重要性。煙鴉や諸先輩に揉まれ、斑目は成長していく。

バディ(1話)からチームプレイ(2話)へ


大物の泥棒を捕まえた(第1話レビュー参照)ことで、精鋭が集う新設部署「13係」のメンバーに選ばれた斑目。しかし、13係の実体はお荷物刑事の寄せ集めだった。係長の鯨岡千里(稲森いずみ)は皆にあだ名を付けたのにすぐ忘れるし、皇子山隆俊(中村倫也)は変態で脚フェチだし、音大出身の小平美希(石橋杏奈)は張り込み中に突然オカリナを吹こうとする。

すっかりやる気を無くした斑目に人の道を説くのは煙鴉だ。
「お前のいる三課はチームプレイだ。手口を割り出す者、尾行する者、取り調べをする者。チームが一つにならないとホシは挙げられない。お前が今こうして休んでる間、お前のミスを取り返そうと働いてる奴がいる」
泥棒なのに正義感が強い煙鴉。13係の誰よりも刑事っぽいこと言っている。斑目よりも警察事情に詳しいし。

13係には斑目以外に7人の刑事がいる。おそらく今後、同僚が順繰りにフィーチャーされる。そして、1人ずつ斑目と仲を深める展開になるはず。今回は、過去何度も暴力沙汰を犯した勝手田利治(丸山智己)の番だ。

イマドキさとり世代の斑目は、初っ端から勝手田と揉めた。ノビ(住人が寝静まった家で盗みを働く忍び込み泥棒)の大物・大堂吾郎(笹野高史)の尾行を勝手田に指示された斑目はタクシーで追跡。しかし、手持ちのお金がなく、3000円分で尾行を切り上げてしまった。当然、勝手田は激昂する。

あわせて読みたい

  • インディーズに豪華役者陣集結の理由

    インディーズに豪華役者陣集結の理由

  • 「わろてんか」ホラー遠藤憲一にわろた

    「わろてんか」ホラー遠藤憲一にわろた

  • 「わろてんか」あの作品の出演者が活躍

    「わろてんか」あの作品の出演者が活躍

  • キレる女江口のりこ必見「名もなき毒」

    キレる女江口のりこ必見「名もなき毒」

  • レビューの記事をもっと見る 2018年10月27日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら