back number、京セラドーム大阪でドームツアー完結「また迎えに来るからね」

back number、京セラドーム大阪でドームツアー完結「また迎えに来るからね」
撮影/佐藤祐介

back numberのドームツアー『back number dome tour 2018 “stay with you” supported by uP!!!』が、10月28日(日)京セラドーム大阪公演をもってツアーファイナルを迎えた。

7月29日 ナゴヤドーム公演を皮切りに、8月11日・12日 東京ドーム、10月27日・28日 京セラドーム大阪の3会場・計5公演にわたって開催された、back number初のドームツアー「stay with you」。2日間で実に8万人を動員した京セラドーム公演の2日目、10月28日。清水依与吏(Vo,Gt)、小島和也(Ba,Cho)、栗原寿(Dr)のメンバー3人に、back numberのライブではすでにお馴染みのサポートプレイヤー、村田昭(Key)、矢澤壮太(Gt,Cho)、藤田顕(Gt)を加えた6人編成で舞台に登場。「瞬き」の雄大な音像から「SISTER」の晴れやかな高揚感へと流れ込んで、序盤から満場のクラップとシンガロングを呼び起こしてみせる。

「ツアーファイナル、会いたかったぞ京セラドーム!」という清水の叫びから、さらに「ARTIST」「青い春」とアグレッシブな楽曲を畳み掛け、客席の熱気を刻一刻と高めていく。

back number、京セラドーム大阪でドームツアー完結「また迎えに来るからね」
撮影/佐藤祐介

back number、京セラドーム大阪でドームツアー完結「また迎えに来るからね」
撮影/佐藤祐介

back number、京セラドーム大阪でドームツアー完結「また迎えに来るからね」
撮影/佐藤祐介


「作ってきた曲を一生懸命にやるだけなので……ダンサーとかは出てきません!(笑) みんなが踊ってくれればいいんじゃない?」と4万人の観客を笑いで包んでみせた清水。「(back numberは)『ちっちゃい歌』ばっかりでしょ? でも、俺たちの『ちっちゃい歌』がドームでどう響くか、確かめて帰ってもらえたらと思います。とにかく一生懸命作った歌、俺たち的には『こんないい歌ねえだろ!』って歌ばっかりなんで」という言葉に、歓声と拍手が広がっていく。

アッパーな楽曲でドーム一丸の一体感を生み出し、「エンディング」「ハッピーエンド」といったバラード名曲群で深く強く観客を惹きつけていく。そんなback numberのライブの魅力が、大舞台でよりいっそうダイナミックな訴求力をもって展開されていく。

「こうやって大きなところでできるのはすごいことだなと思って。心から感謝してます!」という小島の言葉からも、初のドームツアーの充実感が滲んだ。

back number、京セラドーム大阪でドームツアー完結「また迎えに来るからね」
撮影/佐藤祐介

back number、京セラドーム大阪でドームツアー完結「また迎えに来るからね」
撮影/佐藤祐介


ライブ中盤には、清水/小島/栗原のメンバー3人が通路を歩いてアリーナ後方のサブステージまで移動。それぞれバンド結成当初の楽器を用意して、インディーズ時代の楽曲「西藤公園」「重なり」を演奏するという一幕も見られた。清水が生まれて初めて買ったというテレキャスターに「ここに来れてよかったね」と話しかけるのを見て、すかさず「こんな素敵な場所で弾いてもらえるなんて……」と清水のギターの心境を代弁(?)する栗原――というスペシャルな場面の数々に、満場の観客はさらなる歓喜に沸き返っていく。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. back number ライブ
  2. back number 主題歌
エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2018年10月28日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「back number + 主題歌」のおすすめ記事

「back number + 主題歌」のおすすめ記事をもっと見る

「back number + ライブ」のおすすめ記事

「back number + ライブ」のおすすめ記事をもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース