遊助「遊助はみんなに作られたもの。10周年ライブはみんなの声を形にしたい」/インタビュー2

 
遊助「遊助はみんなに作られたもの。10周年ライブはみんなの声を形にしたい」/インタビュー2

――【遊助】インタビュー1より

「みんなで作る」っていうことをしてみたいなと思っている

――大サビの最後で「俺と付き合ってください。」という決め台詞が出てきますが、その言葉を言い終わったところのサウンドの味付けが印象的でした。告白のクライマックスで緊張がピークに達する場面だけど、音はどこか牧歌的というか、軽やかな感じに展開していくっていう。

遊助:俺の中でそこは(両手を広げて)バーッというイメージだったの。(両手を差し出して)花束っていう感じ。フラッシュモブみたいな。

――じゃあ、告白が成功してピースな場面なんですね。

遊助:そう。もちろん緊張感はあるんだけど、それが弾けてドーンと開けてる感じ。だから、そのあとのピアノソロも当初より半分のところで音量を下げて、そのぶんストリングスの音量を上げて壮大感を出して、ラストサビに向かっていくっていう流れにしたの。

――そうやってハッピーな流れで結ぶところが実に遊助さんらしいです。

遊助:この曲はカラオケで告白に使ってほしいんだ。やっぱり言いにくいときあるじゃん。好きな人と「カラオケ行こう」となって、タイトルがバーンと出てくるシーンを想像したの。

――タイトルが出ちゃったら出オチみたいじゃないですか(笑)。

遊助:まあ、そうなんだけど、「え、何コレ、何コレ?」みたいな。「いや、これはマジでお前だから」って、その子を指さして「君が好き」って言ってほしいなって。ただ、相手にその気がなかったら最悪。そのあとのカラオケボックスは地獄の空間(笑)。

――とっとと精算して店を出た方がいいですね(笑)。

遊助:だから最後の1曲で、コレを歌ってください(笑)。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

エキサイトミュージックの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク