review

「プリティが多すぎる」カワイイの迷子になった千葉雄大をテニミュ俳優・黒羽麻璃央が導く2話

ああ、ああいう人たちは、抑揚や息遣いで人を巻き込んでいく話し方が上手なんだと、黒羽の演技によって知ることができた。

そうした特別な抑揚や息遣いをトレースする能力は、黒羽が長い間舞台で群像劇を演じたり、多くの朗読劇に出演したりしてきた経験で得たものだろう。レイ役の演技を見ただけで「もっと黒羽の演技を見てみたい」という気持ちになっている。気が早いが、本作以降の活躍が楽しみだ。

第3話は、11月1日(木)深夜放送。放送がない地域もあるので、ぜひHuluなど配信サイトで追ってみてほしい。
残念ながら、主演の千葉とレイ役・黒羽の出身地・宮城県でも放送していないそうだ。ミヤギテレビ(日テレ系)の人! 『プリティが多すぎる』を宮城県民に見せてください!

(宮城県・むらたえりか)

▽配信サイト
Hulu

ドラマプリティが多すぎる(全10話)
日本テレビ系 10月18日(木)スタート 毎週木曜24時59分〜
出演:千葉雄大、佐津川愛美、小林きな子、矢島舞美、池端レイナ、黒羽麻璃央、長井短、森山あすか、中尾明慶、堀内敬子、杉本哲太
原作:大崎梢『プリティが多すぎる』(文春文庫)
脚本:荒井修子、渡邉真子
音楽:西口悠二、Chocoholic
ドラマ「プリティが多すぎる」オリジナル・サウンドトラック
制作:千野成子、 池田健司
プロデューサー:小田玲奈、松永洋一(R.I.S Enterprise)、森有紗
演出:久保田充ほか
制作プロダクション:R.I.S Enterprise
(c)日本テレビ
公式サイト:http//www.ntv.co.jp/pretty/

あわせて読みたい

  • 「音量を上げろタコ」舞台挨拶徹底レポ

    「音量を上げろタコ」舞台挨拶徹底レポ

  • 今夜最終「高嶺の花」無償の愛で応える

    今夜最終「高嶺の花」無償の愛で応える

  • 「もみ消して冬」キス魔・波瑠最高です

    「もみ消して冬」キス魔・波瑠最高です

  • 「もみ消して冬」愛され千葉雄大を解剖

    「もみ消して冬」愛され千葉雄大を解剖

  • レビューの記事をもっと見る 2018年11月1日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース