大槻ケンヂ「歌が下手だと言われるけど、カラオケに行くと『俺上手いな』と思う(笑)」/インタビュー後編

 
大槻ケンヂ「歌が下手だと言われるけど、カラオケに行くと『俺上手いな』と思う(笑)」/インタビュー後編
撮影/コザイリサ

――【大槻ケンヂ】インタビュー前編より

「ライブではどうかと思うかもしれないけど、カラオケ行ったら上手いんだ」っていうの、我ながら最高ですね(笑)

──「オカルト」は映画『緊急検証! THE MOVIE』の主題歌でもあって。

大槻:もう5年くらいレギュラーで出ているテレビ番組なんですけれども。それが映画化されるということで、エンディングテーマをやらせてもらったんです。おいちゃんが非常にキャッチーな曲を書いてきたので、じゃオカルティックな詞をつけようってことになって。おいちゃんの曲は聴いた瞬間に詞が浮かぶものが多いんですよ。「ネクスト・ジェネレーション」も「なぜ人を~」も「オカルト」も「I,頭屋」も、これはこういう詞にしようってすぐ浮かぶんだ。曲作りの相性がいいんでしょうね。で、いちばん悩むのは内田くんの曲かな。「ケンヂのズンドコ節」も最初はこのタイトルじゃなかったんです。でも最後に“ズン ズン ズンドコ”って入れたら、なんか曖昧模糊として終わりましたね。それがいいんですよ。内田くんは筋少のなかの不思議枠なんだと思います。

──「ネクスト・ジェネレーション」もとても面白いです。

大槻:いいですよね、これ。ちょっと性的な意味に捉える人もいるんですけど、そういうんじゃないんだということを僕は言いたい。これは、お母さんが昔付き合っていたバンドのボーカルと、娘が今付き合ってるっていう歌なんですけど。これは昔、お母さんと娘の心と体が入れ替わる『フォーチューン・クッキー』っていうアメリカのコメディー映画があったんですけど。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』や『転校生』もそうですけど、人格入れ替わりタイムワープものの序章として作った曲なんですよね。あとこの曲、サビの前まではとってもキーが低いんです。でね、キーが低いんじゃないかなって言ったら、「これはおいちゃんのTレックス的解釈じゃないのか」って言われて。あ、なるほど~って思ったんです。そういう考え方もあるなって。たしかにマーク・ボランならこう歌うなと思って、うにうに歌うな~と思いましたね。たしかに曲に合う。

──他の曲も、今回はキーの低い曲が多くないですか?

大槻:そうなんですよ、「I,頭屋」も「オカルト」もですけど、今回は横ノリの曲がちょっと多めだし、いつもの筋少よりキーが低いんです。そこは今回のひとつのテーマになっているかなと思いますね。

──それは、たまたま?

大槻:いえ、実は2作前くらいから試みているんです。そうすることで、自分でいろいろなことがわかってきて。キーを下げてバラードを歌うと、僕は「宇宙戦艦ヤマト」っぽく非常に朗々と歌う歌手なんだなぁとか。レッドツェッペリンのロバート・プラントも最近はとてつもなく音を下げて歌ってるんですよね、でもカッコいいじゃないですか。デヴィッド・ボウイも後期は低音でうねうねうねうね歌っていた。それがカッコいいと。僕は高音絶叫型ボーカリストではあるけれども、近年は、中音域でも筋少はできるっていうのを試してみたいんですよね。

あわせて読みたい

大槻ケンヂのプロフィールを見る
エキサイトミュージックの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「大槻ケンヂ + twitter」のおすすめ記事

「大槻ケンヂ + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「藤井フミヤ」のニュース

次に読みたい関連記事「藤井フミヤ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「長渕剛」のニュース

次に読みたい関連記事「長渕剛」のニュースをもっと見る

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年11月1日の音楽記事

キーワード一覧

  1. 大槻ケンヂ twitter

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。