review

「ドロ刑」みるみる成長する中島健人に献身的すぎる遠藤憲一、2人の関係を中村倫也が疑って3話

10月27日に放送された『ドロ刑 ─警視庁捜査三課─』(日本テレビ系)の第3話。第2話のレビューで「このドラマは斑目の成長物語」と書いたが、その要素がドンドン顕著になっていく。
「ドロ刑」みるみる成長する中島健人に献身的すぎる遠藤憲一、2人の関係を中村倫也が疑って3話
ドロ刑(ヤングジャンプコミックス)1巻/集英社

初回とは見違えて成長の中島健人


仕事の不満を爆発させる斑目勉(中島健人)。憂さ晴らしにと煙鴉(遠藤憲一)から渡されたクーポン券を持ってゲーセンを訪れた斑目は、対戦ゲームで対決した男とゲームの話で意気投合した。
順平 順平です。
斑目 えっと……、神北勉です。

初対面の人間に対し、とっさに偽名を使った斑目。刑事の勘が働いた? 初回、煙鴉という部外者へ守秘義務お構いなしに情報をペラペラ喋っていた斑目も意識が変わってきたようだ。
斑目の対応は正解だった。順平の正体は、高度なハッキング技術で電子キーの金庫を破る窃盗団のメンバー。金庫の暗号解析アプリを開発する河原順平(寛一郎)だった。順平から「うちの会社手伝わない?」と誘われた斑目。煙鴉は“潜入捜査”で手柄を上げろと斑目をけしかけた。

斑目は未熟だ。彼の短所は優しすぎるところ。意気投合した順平を欺いていることに後ろめたさがある。
斑目 どうして誘ってくれたの? 知り合ったばっかなのに。
順平 同じ目してたから、昔の僕と。

同じようなタイプだと思ってくれているのに、実は身分を隠した警察官の自分。仕事と割り切れない斑目は何とも言えない顔になる。

金庫破りの当日がやってきた。即ち、潜入捜査の当日ということ。結果、犯行中に斑目は窃盗団のカマかけに引っかかり、順平共々金庫の中に閉じ込められた。密閉された金庫内で呼吸できるのはあと4時間だ。命のタイムリミットが迫る中、2人が行ったこととは……

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年11月3日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。