seven oops “songs for”のあとは聴いた人に埋めてもらえばいい/インタビュー後編

 
seven oops  “songs for”のあとは聴いた人に埋めてもらえばいい/インタビュー後編

――【seven oops】インタビュー前編より

「こう聴いてもらいたい」みたいなのは今の時代に合っていないような気がする

──それにしても曲調も歌詞も、すごくいいバランスのアルバムですね。

KEITA:テンポ感とかリズムの感じは、だいぶ意識しました。似たり寄ったりな曲にならないようにって。

──「夏のロマンティカ」のようなラテンの曲があったり。

KEITA:これは歌詞から作った曲で。“恋の罪”っていう言葉を、どうしても使いたかったんです。サビの冒頭の<終わらない夏の誘惑は ただふたりの恋の罪>っていう歌詞に合わせてメロディーを探して探していったという感じですね。そうなると、ちょっと熱いアップビートの曲だなと思ったんですけど、ただのアップビートじゃつまらないからラテンっぽくしてみようってことで。

──イントロのギターからしてカッコいい。

NANAE:カッコいいですよね。心躍りますね。

MAIKO:KEITAはメキシコとのハーフなので。

──DNAでしょうか。

KEITA:かもしれないです。

MAIKO:この曲、今回一番楽しく叩けた曲なんです。これまでseven oopsのレコーディングはわりと期間が長くてゆったりやれたんですけど、今回はパツパツで。アレンジがレコーディング当日に仕上がってくることも多くて。もともとたたき込まなきゃできないタイプなのに、覚える時間が限られたなかで必死にやったんですね。特に「東京」とか「なにくそー! 構成、覚えらんねぇよー」って感じで、かなりキツかったんですけど。「夏のロマンティカ」はラテンなので。ラテンって曲を知らなくてもノれちゃうところがあるじゃないですか。ただコーラスはきつかったです。まぁこの曲に限らずですけど、コーラスはそれだけで聴くと音痴みたいな変な音階で。これ、あってる?みたいな。

あわせて読みたい

  • いきものがかり、活動再開へ   今夜20時放送のラジオ特番に3人揃って生出演

    いきものがかり、活動再開へ 今夜20時放送のラジオ特番に3人揃って生出演

  • 大槻ケンヂ「筋肉少女帯の30年は栄光を誇るべきものだったのか、そうじゃないのか」/インタビュー前編

    大槻ケンヂ「筋肉少女帯の30年は栄光を誇るべきものだったのか、そうじゃないのか」/インタビュー前編

  • 遊助、25枚目のシングルはド直球のラブソング「俺と付き合ってください。」/インタビュー1

    遊助、25枚目のシングルはド直球のラブソング「俺と付き合ってください。」/インタビュー1

  • 高橋 優、1年続いた葛藤と上がった狼煙  アルバム『STARTING OVER』発売/インタビュー1

    高橋 優、1年続いた葛藤と上がった狼煙 アルバム『STARTING OVER』発売/インタビュー1

  • エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2018年11月7日の音楽記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    音楽ニュースアクセスランキング

    音楽ランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    芸能の人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトミュージックとは?

    話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

    その他のオリジナルニュース