review

もしも舐めてた女子高生が殺人マシンで、アイドルを目指し始めたら?「The Witch/魔女」

       
ジャユンを演じるキム・ダミの見た目もすごい。ちょっと見では地味というか、めちゃくちゃ朴訥としてるのである。本当に「韓国の田舎ではちょっと可愛い方の女の子」という感じの塩顔女子なのだが、あるシーンでスイッチが入ってからの殺人マシンぶりが凄まじい。それまでは地味顔オブザイヤー(キム・ダミの顔立ちだけではなく、メイクも意図的にそういう方向に振っている)だったのに、ニヤニヤ笑いながら怒涛の勢いで人間をバンバンぶっ殺していくギャップ。そんなの好きになっちゃうに決まってるんで……やめてくれませんかね……。

もう2人でそのままアイドルになってくれ!


『魔女』で印象に残るのが、途中の日常パートである。朴訥として化粧っ気もないジャユン(もうちょい年頃の娘らしい服を着ろと父親に怒られたりしている)と、対照的に常に前髪にカーラーを巻きつけてよく喋るミョンヒ。冒頭でいきなり血みどろの廊下や不穏な研究施設が映った後なのに、この2人が「実家はピンチだけど、アイドルになって稼いで切りぬけよう!」と言い出すので「えっ!?」となる。いやアンタ、アイドルになってピンチを切り抜けるって『ラブライブ!』かよ! 『ユニバーサル・ソルジャー』の中盤でジャン=クロード・ヴァン・ダムがEXILEのメンバーを目指し始めたようなものである。ヴァンダムなら普通に加入できそうだけど。

この2人がとにかく微笑ましい。ボンヤリしているジャユンをミョンヒが仕切り倒し、オーディションのために乗ったソウル行きの電車では「旅行と言ったらゆで卵とサイダーでしょ!」と2人でゆで卵をパンパンに頬張る(韓国では今でも駅のホームで売っているほど、ゆで卵とサイダーは旅行の友だとか)。観客のテンションが「マネージャー気取りだったミョンヒもTV局のプロデューサーに気に入られて、結局2人で歌うことになっちゃって、ドタバタしながら頑張ってアイドルになる映画でいいよ、もう……」となったところで、冒頭の不穏なノリが顔を出す。自然と観客も「それはやめて差し上げろ!」と前のめりになるわけで、この辺の揺さぶり具合は絶妙だ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「もしも舐めてた女子高生が殺人マシンで、アイドルを目指し始めたら?「The Witch/魔女」」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    本文1ページ目に Witdh というtypoが1カ所。

    0
この記事にコメントする

もっと読む

「イベント」に関する記事

「イベント」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「イベント」の記事

次に読みたい「イベント」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年11月9日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. イベント 大阪
  2. イベント 東京
  3. イベント 横浜

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。