review

「まんぷく」35話。飢えた若い男たちの中に若い女性が入る危険

第6週「お塩を作るんですか!?」 第35回 11月9日(金)放送より
脚本:福田 靖 
演出:渡邉良雄
音楽:川井憲次
キャスト:安藤サクラ、長谷川博己、内田有紀、松下奈緒、要潤、大谷亮平、
     桐谷健太、片岡愛之助、橋本マナミ、松井玲奈、呉城久美、松坂慶子、橋爪功、瀬戸康史ほか
語り:芦田愛菜
主題歌:DREAMS COME TRUE「あなたとトゥラッタッタ♪」
制作統括:真鍋 斎
「まんぷく」35話。飢えた若い男たちの中に若い女性が入る危険
イラストと文/木俣冬

35話のあらすじ


神部(瀬戸康史)を筆頭に15人の男手によって、塩作りがはじまった。
だが、次第に、男たちの仲がぎくしゃくしていく。
鈴(松坂慶子)は疲労で倒れ、福子(安藤サクラ)のことを心配した萬平(長谷川博己)は、男たちを賄う人を雇うと言い出す。
こうして、克子(松下奈緒)の娘・タカ(岸井ゆきの)が手伝いにやってくることに。

喧嘩がはじまった


海辺の塩作りシーンからはじまって、鉄板引きずっていく時、転んでしまう人がいるなど芸が細かい部分を楽しんだ。広い海辺の画は清々しい。ビーチボーイズと34話のレビューで書いたけど、福田靖だから「海猿」か。
で、その海猿(塩猿か)たちが海で働く麗しい場面はあっという間に終わり、家に戻って、少ない食を巡って岡幸助(中尾明慶)と森本元(毎熊克哉)が殴り合いの喧嘩をはじめる。

突如、15人もの男の子の母代わりになった、娘しか育てたことのない鈴が、武士の娘よろしく厳しく怒る。夕飯は作りません!と。
慌てて、畳に落ちたご飯を拾って食べる塩猿たち。萬平さんの酷い拷問時を思い出す間もなく、鈴が倒れてしまう。拷問の記憶と男たちの喧騒を似たように描くなんて・・・とひとり朝ドラ国防婦人会(1AKF)センサーを発動させる間を与えない素早い展開、感服仕ります。

あわせて読みたい

「「まんぷく」35話。飢えた若い男たちの中に若い女性が入る危険」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    嫁入り前の娘の心配をする忠彦さん、やっぱりお父さんですね。ただ、タカちゃんは可愛いけど「浮世離れした美人」という言葉は克子さんの方に当てはまりそうだと思いました。

    7
  • 匿名さん 通報

    うんざりするようなストーリーだな。

    5
  • 匿名さん 通報

    >案の定、忠彦はそれを感じ取り、愛娘を心配する。「かわいいなんてもんやないでしょう おまえは浮世離れした美人や」  冷静なキャラクターかと思いきや、思いっきり親バカ炸裂でしたね❗

    5
  • 匿名さん 通報

    照明弾のせいで美的センスも壊れた。

    0
この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

まんぷく

「まんぷく」レビュー一覧

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース