超特急の新たな黄金期を切り拓く、2年ぶりのアルバムがついに完成/インタビュー前編

 
超特急の新たな黄金期を切り拓く、2年ぶりのアルバムがついに完成/インタビュー前編
撮影/キムラタカヒロ

超特急/11月14日に3rdアルバム『GOLDEN EPOCH』をリリース


夏に引き続き、この冬もアリーナツアーを開催し、目標だったさいたまスーパーアリーナにも立つ、メインダンサー&バックボーカルグループ・超特急。シーンの先頭集団で快走し続ける彼らの、ツアーに向けてさらに弾みがつく会心作『GOLDEN EPOCH』が完成した。遊び心も受け継ぎつつ、メンバーが自ら作詞作曲を手がけるなど音楽的にさらに成熟した今作への思いはひとしお。また、いつものように和気藹々とした雰囲気ながら、怒涛の1年となった2018年を振り返ったとき、普段はあまり見せない赤裸々な本音も飛び出した。成長し続けるからこそ手応えも、そして悩みも抱える6人のリアルを感じとれるインタビューとなった。
(取材・文/橘川有子)

『GOLDEN EPOCH』は僕らの振り幅がどんどん広がっていく中での、カッコいい部分にフィーチャーしたアルバム(タカシ)

――2年ぶりのアルバム『GOLDEN EPOCH』はジャケットのデザインもそうですし、音楽的に洗練された大人っぽい印象ですね?

タクヤ:はい。これまで面白い曲調が多かったので、ある意味で超特急っぽくないアルバムなのかなって思いながら制作してました。カッコいい曲も多いし、“大人な超特急”を魅せられるのかなと思ってます。

タカシ:8号車の中に、僕らがこのままカッコいいオシャレなグループになっていくことを複雑に思う人もいるかもしれませんよね。ただ、超特急がいきなり変わってしまうということではないので安心してほしいってことは言いたくて。僕らの振り幅がどんどん広がっていく中での、カッコいい部分にフィーチャーしたアルバムだと受け止めてもらえたらいいのかなと思います。これまで通り、ダサカッコいい超特急もありつつ、今一度たくさんの方に超特急の音楽を聴いていただくためのアルバムになればいいなと思って制作しました。だから、この3rdアルバムで初めて僕らの音楽に触れてくださった方には、過去の作品を遡って聴くことをすごくオススメしたくて。すると、『GOLDEN EPOCH』はカッコいいけど、「あれ? それだけじゃないんだな」ってびっくりしてもらえると思うんですよ(笑)。

カイ:今年に入ってから特にそう感じていたんですが、音楽的にレベルが上がったというか。いろんな方から曲を提供していただいてもいるので音楽性が広がったと同時に、深みも出せるようになってきたのかなと感じます。曲調も「need you」のようにスケール感もあってカッコいい曲やしっとりしたナンバーもあって、アルバムに、まさかタイ語のタイトルの曲が入ったりするとは想像もできなかった。超特急の幅が広がったなと感じますね。

――「need you」は艶感のある大人っぽい曲。これがリード曲だと知ってやや意外に感じましたが、「カッコいい」に振り切った作品だと聞くと納得ですね。

タカシ:僕自身もこれがアルバムのリード曲って聞いて、すごく大人っぽい曲だなって思ったから新鮮に感じたんですよ。歌う時は何かしら集中しないといい歌にならないんですが、この曲はただ大人っぽいだけじゃなく世界観もしっかりとあるから楽曲に入り込みやすくて歌いやすかったですね。苦戦することなく、楽しみながらレコーディングできました。

ユーキ:ミュージックビデオも今までにないチャレンジがたくさんありました。今回はCGを駆使した作品にすることになったので、僕らほとんどグリーンバックでワイヤーアクションをしながら撮ったんです。実際にはどんな映像になるか、その時は分からず撮っているので、監督の頭の中のイメージを受け取りつつ進めていきました。
超特急の新たな黄金期を切り拓く、2年ぶりのアルバムがついに完成/インタビュー前編
カイ

撮影/キムラタカヒロ

あわせて読みたい

エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2018年11月11日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース