review

高橋一生「僕らは奇跡でできている」本当の願いと「私は…私は…愛されたい」5話

子どもたちは正直だ。育実が語る正しい知識には興味を示さないが、一輝が語った楽しい発見にはガッツリ食いついて賞賛する。正しい知識も必要だが、子どもの頃は好奇心が勝る。好奇心を入口にして何かに熱中していくうちに、正しい知識を身につけるのだろう。余談だが、正しい知識を身につけずに(発見に見せかけた)陰謀論に熱中している大人の知能は子どもレベルである。

敗北感でいっぱいの育実を一輝は森に誘う。別に育実を元気づけようとしたわけではなく、単純にリスの実験のための人手が足りなかったのだ(学生たちが協力を申し出たが、熊野に却下されていた)。

急に雨がふってきて、一輝の小屋で雨宿りをするふたり。育実は一輝に「僕が新庄さんなら、作りません」という言葉の意味を問う。コンニャク農家の跡取り・新庄(西畑大吾)は家業を継ぐべきかどうか悩んでいた。新庄は一輝に相談したときの「僕が新庄さんなら、作りません」という言葉が頭から離れずに、通院したとき育実に漏らしていたのだ。父から歯科医院を継いだ育実にとって、他人事のようには思えなかったのだろう。一輝の答えはこうだ。

「主語が新庄さんじゃありませんでした」
「こんにゃく屋を継ぐ理由の主語です。先生がこんにゃくをすごいと言ったから、親が喜ぶと思ったから、と言ってました」

「それだってちゃんとした理由だと思いますけど」と反論する育実。

「親が積み上げてきたものを引き継いで、より一層歯科医として多くの人たちに貢献することが、私の一番の“願い”ですから」

あわせて読みたい

  • 高橋一生リップスマッキング「僕キセ」

    高橋一生リップスマッキング「僕キセ」

  • 僕らは奇跡でできている リスの渡る橋

    僕らは奇跡でできている リスの渡る橋

  • 高橋一生 僕らは奇跡でできているの肝

    高橋一生 僕らは奇跡でできているの肝

  • センキューパセリ最終回「カルテット」

    センキューパセリ最終回「カルテット」

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2018年11月13日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「西島秀俊」のニュース

    次に読みたい関連記事「西島秀俊」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    僕らは奇跡でできている

    僕らは奇跡でできているのレビュー記事一覧

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース