SHE'S 原体験や音楽への憧れといったピュアな気持ちから生まれた曲群/インタビュー後編

 
SHE'S 原体験や音楽への憧れといったピュアな気持ちから生まれた曲群/インタビュー後編
Photo by MASANORI FUJIKAWA

――【SHE'S】インタビュー前編より

オーケストラと一緒にライブをするのが夢

――最初と最後のマーチングドラムが印象的で。冒頭と最後にあることで、何度も聞き返したくなるループ感が生まれましたね?

井上:あれって、はじめはイントロだけにマーチングを入れてたんだっけ?

木村:僕が最初に出したアイデアにはどっちも入れてたんですが、途中で「ラストはなくてもいいか」って話になったんです。でも、最終的には続いていくっていうテーマに合ってるし、アウトロにもあった方がいいねってことになりました。

広瀬:ベースは百田さんの作ってくれたデモがかなり良かったので、それを基本にしつつ。でも、ドラマチックな展開にもしたかったので最後のサビにそういったものが作れたんじゃないかなと思います。この曲もそうですが、ストリングスがしっかり入っていたり、ピアノやギターもみんな近い音域の楽器だったりするので、ベースはそのぶん落ち着かせるというかどっしりとした部分を担いたいんです。でもそれだけじゃなく、プラスしてたまに気が効くプレイも見せていきたい……そういうベーシストでありたいですね。なので、最後のサビは特に注目して聴いてもらえたら嬉しいです。

――ちなみに、ドラマなどで自分の曲を見聞きするって、どんな気持ちですか?

井上:そうですね……。2016年に初めてドラマのテーマソングを書かせていただいた時は、外でちょっと他人行儀な息子を見るような、「あいつ、ちゃんとやっとるな」って感じでしたね(笑)。嬉しいし、立派になった我が子を影で見てニヤニヤする感じです。1stアルバムに収録された「Ghost」が映画の主題歌になったときは、映画と曲の世界観がバシッとリンクしていて、普通に感動しましたね。自分の曲だからとかじゃなく客観的にそう思えた。今回はどんな感じになるんだろうってわくわくしますね。
SHE'S 原体験や音楽への憧れといったピュアな気持ちから生まれた曲群/インタビュー後編
Photo by MASANORI FUJIKAWA

――カップリング曲「Come Back」は骨太なバンドサウンドが痛快なナンバーですね。

井上:僕がバンドを始めたきっかけはELLEGARDENなんですが、そのバンドが復活(2018年5月、10年ぶりに活動再開を発表)することになり、「お帰りなさい!」という気持ちを込めて作りました。

服部:ELLEGARDENはみんな聴いてたよね。この曲は骨太なサウンドが似合うと思ったので、普段のSHE'Sのサビではやらないような、ある意味でシンプルすぎるギターアレンジにしました。シンプルでも伝わるロックを全力でやろうと思い、ピッキングだったり音に思いを込めるように力強く弾きました。音作りも普段の延長線上だけど、竜馬に確認しながら丁寧に作っていきました。

木村:パンクなどのガツンとしたサウンドをイメージした楽曲なので、サビでは全開でそうやって叩いているんですが、一方でA、Bメロは差をつけたほうが面白くなるだろうなと。それに、ベースも結構動いているのでそれに合わせるようにドラムも歌うような感覚で叩きました。

――たしかにベースがいい感じに動き回ってますね。

広瀬:サビはシンプルに、特別なことは何もしてないんですが、Aメロは存在感を出せるようにというか、お茶目なベースになってます(笑)。普段はあそこまで動くってあまりないことで、弾いていて楽しいですね。レコーディングでは何度か弾いているうちにちょっとずつニュアンスが変わっていったりしたんですが、いいところに落とし込めたなと思います。

井上:僕もレコーディングでは、自信ありげに歌うのがいいなって思いながら歌いましたね。「The Everglow」のA、Bメロで歌っているウィスパー寄りの歌い方ではなく、オスっぽく。それは意識しましたね。

あわせて読みたい

エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2018年11月14日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース