review

米倉涼子「リーガルV」元ネタは紀州のドン・ファン騒動?なぜか主人公がまったく活躍しなかった4話

米倉涼子主演のドラマ/『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』。。弁護士資格を剥奪された自由奔放な主人公が、ワケありの仲間たちとともに法廷劇を繰り広げる。

日本シリーズで放送休止を挟んだ先週放送の第4話は遺産相続をめぐるお話。視聴率はググッと回復して16.5%。相変わらずの高視聴率をマークしている。
米倉涼子「リーガルV」元ネタは紀州のドン・ファン騒動?なぜか主人公がまったく活躍しなかった4話
イラスト/Morimori no moRi

資産家俳優・竜雷太


峰島興業の会長・峰島恭介(竜雷太)が病死した。遺産総額200億円! 妻と離婚し、遺言書も残さなかったため、息子の社長・正太郎(袴田吉彦)が全額を相続する流れだったが、そこに突然、若い女性・峰島玲奈(島崎遥香)が現れる。

銀座の高級クラブでホステスをしている玲奈は、自分は峰島の妻であり、遺産相続の権利があると主張。婚姻届を出したのは、峰島が死ぬたった4時間前のことだった。玲奈が相続できるのは遺産の半分の100億円。

「年の差50歳、100億円の一夜妻」としてメディアで騒がれる玲奈。遺族は婚姻の無効と相続権の不存在を主張して法廷で争うことに。巨額の報酬に目がくらんだ翔子(米倉涼子)は玲奈の弁護を引き受ける。

竜雷太は今年の春ドラマ『コンフィデンスマンJP』でも遺産をめぐって子どもたちが揉め事を起こす資産家を演じていた。夏ドラマの『ハゲタカ』では大手電機メーカーの会長役を演じている。恰幅の良さと重厚感がある資産家俳優だ。なお、竜自身は設立した芸能事務所が破産するという憂き目に遭っている。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2018年11月15日のレビュー記事
「米倉涼子「リーガルV」元ネタは紀州のドン・ファン騒動?なぜか主人公がまったく活躍しなかった4話」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    >なぜかやたらと女性に厳しい米倉涼子  事実を突かれて、ライター逆ギレ❓

    2
  • 匿名さん 通報

    >なお、竜自身は設立した芸能事務所が破産するという憂き目に遭っている。  知りませんでした❗大変でしたね❗

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース