review

「下町ロケット」尾上菊之助を言葉巧みに取り込む古舘伊知郎におおーっと5話。今夜から新章

「下町ロケット」尾上菊之助を言葉巧みに取り込む古舘伊知郎におおーっと5話。今夜から新章
イラスト/まつもとりえこ
TBSの日曜劇場「下町ロケット」(夜9時〜)の第1部にあたる「ゴースト編」が先週放送の第5話をもって完結した。今夜放送の第6話からは新たに「ヤタガラス編」が始まる。

弁護士二人の仲違いに思わず笑ってしまいました


「ゴースト編」終盤は、裏切り者が続出する展開となった。まず一人目の裏切り者は、トランスミッションメーカーのギアゴーストの顧問弁護士・末長(中村梅雀)である。末長は、外資系メーカーのケーマシナリーがギアゴーストを特許侵害で訴えるにあたり、情報をケーマシナリー側に漏らしていた。第5話ではついにケーマシナリーがギアゴーストを相手取って裁判が行なわれるのだが、前回、末長の情報漏洩があきらかになった時点で、原告側の敗北はほぼ見えていた。

そもそもケーマシナリーの顧問弁護士の中川(池畑慎之介)は3年前の第1シリーズでも佃製作所を訴えて敗北を喫し、社長の佃航平(阿部寛)の手ごわさを痛感したはずなのに、彼がバックについたギアゴーストをあまりに舐めていた。せめて、中川と末長がじつは旧知の仲であることに、ギアゴースト側が感づき始めた時点で、それを察知して二人が距離を置くなり何らかの対処をしていればよかったのに。それなら、末長が中川に電話しているところを、ギアゴーストの副社長・島津(イモトアヤコ)に隠し録りされ、証拠として法廷に突きつけられることもなかったはずだが……。

とはいえ、これはほぼ原作どおりの展開である(中川が法廷で怒り狂う描写などはドラマ独自の演出だが)。視聴者としてみれば、スカッとする展開で、これぞ日曜劇場の池井戸潤ドラマと思わせた。裁判後、中川と末長が仲違いする場面にいたっては、ヒール役の無様な結末として、むしろ笑ってしまった。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2018年11月18日のレビュー記事
「「下町ロケット」尾上菊之助を言葉巧みに取り込む古舘伊知郎におおーっと5話。今夜から新章」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    >中川が法廷で怒り狂う描写などはドラマ独自の演出だが  なんだか、わざとらしい演出でしたものね❗

    1
  • 匿名さん 通報

    >そこでキーとなるのが二人目の裏切り者、ギアゴースト社長の伊丹(尾上菊之助)である。  少々、強引に感じられましたけどね❗

    1
  • 匿名さん 通報

    >それにしても、重田を演じる古舘伊知郎の嫌らしさ、凄みにはおおーっと驚いた。  元からいや満ったらしい、勿体つけた物言い振る舞いの人物でしたよ❗

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「コウノドリ」のニュース

次に読みたい関連記事「コウノドリ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ルーズヴェルト・ゲーム」のニュース

次に読みたい関連記事「ルーズヴェルト・ゲーム」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「家政婦のミタ」のニュース

次に読みたい関連記事「家政婦のミタ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

下町ロケット

下町ロケット

「下町ロケット」は池井戸潤の直木賞受賞作が原作のテレビドラマ。

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース