DEZERT 「“今日”だけを丁寧に生きよう」 アルバム『TODAY』ツアーファイナル

DEZERT 「“今日”だけを丁寧に生きよう」 アルバム『TODAY』ツアーファイナル
撮影/西槇太一

11月18日(日)、DEZERTが『DEZERT LIVE TOUR 2018「What is “Today”?」TOUR FINAL』をZepp DiverCityで開催した。そのオフィシャルレポートをお届けする。

DEZERT LIVE TOUR 2018「What is “Today”?」TOUR FINAL


それはもう、真摯過ぎるくらいに。この夜のDEZERTがひとつの真理として導き出してみせた“今日”という概念は、揺るぎないほどの存在感と説得力を持った音像というかたちで、生々しいリアリティと共に我々へとダイレクトに伝えられることとなった。

DEZERTというバンドに関しては、フロントマン千秋の発する冴えた毒舌やら、何かと刺々しいバンドとしてのイメージが先行しがちなせいか、いまだ“取っつきにくい”と感じる人たちもそれなりに多いのかもしれない。だが、今夏に発表された最新アルバム『TODAY』でDEZERTが表現してみせたものとは、きっとどこかの誰かが思っているよりもずっと素直で、随分と真摯なものであったのではなかろうか。

DEZERT 「“今日”だけを丁寧に生きよう」 アルバム『TODAY』ツアーファイナル
撮影/西槇太一


そんな『TODAY』の発表後、彼らは8月から9月にわたり全国で『DEZERT LIVE TOUR 2018「What is “Today”?」』を展開し、今回のZepp DiverCity公演でファイナルを迎えた。

かくして、アルバム『TODAY』と同じように「沈黙」から始められた今回のライブでは、既存楽曲と新譜収録曲を絶妙に交錯させながらのセットリストで進行していき、途中にはDEZERTのライブでしばしば勃発する、千秋の即断即決による予定外楽曲「遺書。」が突如ブッ込まれたりしたほか、終始とても良い意味での緊張感が保たれた中でライブバンドDEZERTの持つ醍醐味がおおいに発揮されていたと感じる。

あわせて読みたい

  • YOSHIKI オーケストラを従えて行ったHYDEとの「Red Swan」共演で荘厳なパフォーマンス

    YOSHIKI オーケストラを従えて行ったHYDEとの「Red Swan」共演で荘厳なパフォーマンス

  • HYDE主宰ハロパ最終日は最も恐ろしい夜に――赤の女王HYDE「全員死刑!」「また来年会おうぜ」

    HYDE主宰ハロパ最終日は最も恐ろしい夜に――赤の女王HYDE「全員死刑!」「また来年会おうぜ」

  • HYDE×TERU(GLAY)がデュエット!日本のロックシーンに残るレア場面満載のハロパ2日目

    HYDE×TERU(GLAY)がデュエット!日本のロックシーンに残るレア場面満載のハロパ2日目

  • HYDE主宰『HALLOWEEN PARTY』3日間の宴の初日は新たな刺激と驚きの連続

    HYDE主宰『HALLOWEEN PARTY』3日間の宴の初日は新たな刺激と驚きの連続

  • エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2018年11月23日の音楽記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    音楽ニュースアクセスランキング

    音楽ランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    芸能の人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトミュージックとは?

    話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

    その他のオリジナルニュース