さくらしめじ「音楽への対峙の仕方が変わった」 新EPリリースの二人の1年を振り返る/インタビュー後編

 
さくらしめじ「音楽への対峙の仕方が変わった」 新EPリリースの二人の1年を振り返る/インタビュー後編

――【さくらしめじ】インタビュー前編より

個人としてもさくらしめじとしても、世の中を揺るがすようにならなきゃ(彪我)

――そして、「届けそこねたラブソング」は、冒頭で話題になった台風の野音で初披露された曲です。

雅功:はい。失恋ソングです。失恋ソングって聞くと切なくて下を向いちゃうイメージがあると思うんですけれど、この曲はそんなことなくて。寂しい気持ちはあるんだけれど、それでも前を向いて一歩踏み出して頑張って行こうっていう思いが詰まっている曲です。だから、聴いてもらえたら「明日も頑張ろう!」と思えるような曲になっているんじゃないかな。

――シンガーソングライターのコレサワさんとのコラボ曲ですが。

彪我:僕たちもコラボするのを知らなくて、スタッフさんにサプライズされたんです(笑)。元々ファンだった雅功に教えてもらって、僕もコレサワさんの曲が大好きになって。だからコラボを聞いたとき、「え、本当に? 夢なんじゃない?」っていうくらいの驚きでした。

さくらしめじ「音楽への対峙の仕方が変わった」 新EPリリースの二人の1年を振り返る/インタビュー後編
田中雅功


――コレサワさんとは、どういう話をして曲を作っていったのですか。

彪我:すごく無茶な注文をしてしまいまして……(笑)。まず、雅功が「音楽に対するラブソングにしたい」って。

雅功:僕らにとって音楽はすごく大切なものなので。そういう「音楽に対する思いを入れたいんです」って。

彪我:それと僕が、コレサワさんのラブソングがステキなので、「さくらしめじのきのことラブソングを混ぜ合わせた曲」っていうのをそれぞれ注文させていただきました。今考えると、とんでもないリクエストですね(笑)。「きのこのオムライス」っていうところにきのこが使われていて、大満足の仕上がりです!

雅功:うん。とんでもないことしたなと思ったんですけれど、全部が歌詞に入っていて、すごいなと思いました。最初にデモをいただいたんですけれど、コレサワさんの声で入っていて、「これって、僕らしか持ってないんだな」って思って、ファンとして感動しちゃいました(笑)。反面、コレサワさんの曲が好きな者としての責任もあるので、「ちゃんと歌わないと」って気持ちにもなりました。透き通ったメロディーで、とにかく楽しく歌うことができました。

さくらしめじ「音楽への対峙の仕方が変わった」 新EPリリースの二人の1年を振り返る/インタビュー後編
高田彪我


あわせて読みたい

エキサイトミュージックの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク