review

「ドロ刑」中村倫也の「大切な人」のデータを盗んだ遠藤憲一。性癖は亡き人に由来?7話

       
11月24日に『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』(日本テレビ系)の第7話が放送された。(関連)
「ドロ刑」中村倫也の「大切な人」のデータを盗んだ遠藤憲一。性癖は亡き人に由来?7話

前回、「GOOD BYE」の書き置きと共に姿を消した煙鴉(遠藤憲一)。彼が不在となれば、ストーリーの主軸は自ずと13係へ移行する。煙鴉との因縁が根深そうな皇子山隆俊(中村倫也)の過去を読み解くヒントが、今回は次々に提示されたのだ。

皇子山の“脚フェチ”の理由とは……?


窃盗事件が多発中の病院へ潜入捜査することになった13係。結果、斑目勉(中島健人)らは事件とは別の病院の暗部を知ってしまう。外科部長の安斎(神保悟志)が過去に手術で4人の死者を出しており、その事実を隠蔽しているという情報だ。

この不正を暴くべく調査を進めるは、斑目と皇子山と宝塚瑤子(江口のりこ)の3人。実は、皇子山はこの病院に知り合いの医師がいたらしい。
「君がこの病院にいて助かった。真里のおかげだな」(皇子山)
第5話で皇子山が「煙鴉に殺された大切な人」と告白したのは、この真里のことである。

病院事情について、皇子山は詳しかった。何しろ、真里は医師だったのだから。
皇子山 知り合いが昔、(病院に)勤めててな。
斑目 その人は、今も病院に?
皇子山 いや、……いない。

安斎の不正データを収めるパソコンは、厳重なセキュリティルームの中にある。侵入するには2週に一度の清掃のタイミングで業者に紛れるしか手がない。しかも、室内でデータをチェックするには時間が必要。結果、セキュリティルームから出られるのは更に2週間後になりそうだ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」に関する記事

「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」に関する記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年12月1日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。