lynch.葉月が単独公演『奏艶』でクラシックなリサイタル 「この時間、楽しくてしょうがない」

lynch.葉月が単独公演『奏艶』でクラシックなリサイタル 「この時間、楽しくてしょうがない」
撮影/土屋良太

lynch.のボーカル葉月による単独公演『奏艶』が、12月1日(土)竹芝NEW PIER HALLにて行われた。今回で4度目の開催となる本公演はストリングスやピアノを取り入れたクラシカルなステージで、1部・2部共にチケットは発売直後に即完売した好評企画だ。

華やかなドレスや着物など、いつものライブの軽装とは異なるパーティー仕様の装いでオーディエンスたちが会場に集い、12月の季節感が漂う場内。開演前にはステージから弦楽器のチューニング音が聴こえ、これから始まるリサイタルに期待が高まる。

シックなスーツ姿で葉月が登場すると、『奏艶』のために書き下ろしたオリジナル曲「軽蔑」でスタート。続く「D.A.R.K.」はlynch.のラウドな楽曲からがらりとクラシックスタイルにアレンジされ、グランドピアノと6名のストリングス、そしてティンパニが奏でる音色たちが実に上品だ。

着席スタイルで静まり返ったフロアに向かって葉月は「この荘厳な空気……MCのテクニックで粉々に破壊します(笑)。ようこそいらっしゃいました!」と、通常のテンションでトークを始め、場を和ませた。「最近はいろんな人がこういうクラシックスタイルでのライブをやってるから差をつけたくて、音だけじゃなく照明などもチャレンジしてます。この時間、僕は楽しくてしょうがないです」と話すと、L'Arc-en-Ciel「花葬」、安室奈美恵「Dreaming I was dreaming」、B'z「月光」のカバーを次々と披露していく。

あわせて読みたい

  • lynch. バンド史上最大規模の34公演からなる全国ツアーを完走 「まだまだ夢がある、着いて来て」

    lynch. バンド史上最大規模の34公演からなる全国ツアーを完走 「まだまだ夢がある、着いて来て」

  • lynch. 東名阪ツアー完走 「ずっと続いていくバンドでありたい。一緒に歩んでいってください」

    lynch. 東名阪ツアー完走 「ずっと続いていくバンドでありたい。一緒に歩んでいってください」

  • lynch. 幕張ワンマンで完全体に 「5人でここに立てるのを夢見てました」

    lynch. 幕張ワンマンで完全体に 「5人でここに立てるのを夢見てました」

  • lynch.ベース明徳がバンド復帰へ 「自分で空けた穴は、自分で責任を持って埋めます」

    lynch.ベース明徳がバンド復帰へ 「自分で空けた穴は、自分で責任を持って埋めます」

  • エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2018年12月2日の音楽記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    音楽ニュースアクセスランキング

    音楽ランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    芸能の人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトミュージックとは?

    話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

    その他のオリジナルニュース