イ・ホンギ 行かなきゃいけないところがあるけど、ギリギリまでライブをするつもり/インタビュー後編

 
イ・ホンギ 行かなきゃいけないところがあるけど、ギリギリまでライブをするつもり/インタビュー後編

――【イ・ホンギ(FTISLAND)】インタビュー前編より

年末のソロライブには歌詞を覚えて来てほしい

――6曲目は、日本オリジナル曲「Thank you」です。これは、ファンの皆さんに向けた曲ですよね。

ホンギ:そうです。「みんなが僕の一番の味方になってくれた。だから僕もみんなの一番の味方になりたいんだ」って感謝の気持ちを歌にしました。昨年とか今年、いろんなことがあったじゃないですか、僕ら(笑)。でも、「めちゃ感謝してます」っていうのではなく、「僕たちは音楽でお返しする」って気持ち。これは、FTISLANDのツアーをやって感じた気持ちです。

――エキサイトミュージックのエキサイたん(中の人)が、FTISLANDのライブのあと、「ホンギはファンに何もかも話して、友だちみたいですよね(笑)」って、その関係をおもしろがっていたんですが、深い友情を感じる歌詞ですね。

ホンギ:僕は、ファンを友だちだと思ってるから。それ以上でも以下でもなくて。でも、なんでもしゃべれる友だちなの。芸能人って都合の悪いことは隠すってイメージじゃないですか。僕たち(FTISLAND)は、それが一番キライだから、隠すつもりはないんです。だから、「僕たちはこういう人間だよ」っていつも正直に言ってる。そこに幻想は抱かずに、そのままの僕を見てほしいんですよね。

――7曲目は、「BONFIRE(Feat. dindin)」です。ディンディンさんは、仲良しのお友だちですよね。9月にリリースされたディンディンさんの「Insomnia」には、ホンギさんがフィーチャリング・ボーカルで参加していますし。

ホンギ:ディンディンさんは、ずっとラジオで共演していたんです。バラエティ番組にもたくさん出ているおもしろい人だから、ずっとラッパーじゃなくて、芸能人って意識でいて。間違ってました、俺(笑)。やってみて、「やっぱりアーティストだな」って思った。うまい! 「ここのラップ作って」って言ったら、1時間後にできちゃう。しかもできてきた歌詞は、僕の気持ちそのままだった。歌だと音符の上に乗せられる言葉が少ないじゃないですか。言いたいこと全部を入れきれないんだけど、ラップだと言いたいことは全部言えちゃう。だから、僕の気持ちのすべてが、この歌詞の中に入れられた。ラップっていいですね、歌で言えないことも全部言えるの。

――8曲目はバラード、「YELLOW」です。

ホンギ:この曲、大好き! 実は、FTISLANDのために書いていた曲なんだけど、好きすぎて自分のソロ曲に入れちゃいました。

イ・ホンギ 行かなきゃいけないところがあるけど、ギリギリまでライブをするつもり/インタビュー後編
Cheers

【初回限定盤】CD+DVD


編集部おすすめ

あわせて読みたい

エキサイトミュージックの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク