review

「まんぷく」56話。執拗な取り調べに疲れ朦朧としている萬平さんの演技が細かい長谷川博己

第10週「私は武士の娘の娘です」 第56回 12月4日(火)放送より
脚本:福田 靖 
演出:保坂慶太
音楽:川井憲次
キャスト:安藤サクラ、長谷川博己、内田有紀、松下奈緒、要潤、大谷亮平、
     桐谷健太、片岡愛之助、橋本マナミ、松井玲奈、呉城久美、松坂慶子、橋爪功、瀬戸康史ほか
語り:芦田愛菜
主題歌:DREAMS COME TRUE「あなたとトゥラッタッタ♪」
制作統括:真鍋 斎
「まんぷく」56話。執拗な取り調べに疲れ朦朧としている萬平さんの演技が細かい長谷川博己
イラストと文/木俣冬

55話のあらすじ


萬平(長谷川博己)たち以下従業員が全員逮捕され、途方に暮れる福子(安藤サクラ)だったが、克子(松下奈緒)と忠彦(要潤)が手伝いに来てくれて、ダネイホンと塩作りを続ける。
やがて、萬平に倉庫を借した世良(桐谷健太)の元にまで進駐軍が現れ、彼を連行していく。

克子と忠彦が来た。


知らせを受けて、大阪市内から克子と忠彦がとんでくる。留守はタカ(岸井ゆきの)ら子供たちに任せて。
夜、未成年4人を置いて留守にしちゃって大丈夫なのかと心配になるが、電話を貸してくれる近所の乾物屋さんをはじめとして、この時代はきっとご近所さんづきあいが厚かったのだろう。

福子も鈴(松坂慶子)も克子も混乱するばかりであったが、こういうときやっぱり男が頼りになるって感じで、
忠彦が冷静に状況判断する。
進駐軍が日本に残っている武器弾薬を徹底回収している。21年5月、マッカーサー暗殺未遂事件があったため捜査と取り調べが厳しくなっているので、最悪、軍事裁判にかかって死刑かも……と言う忠彦の話を聞き、「源をお父さんのいない子にするつもり〜」と嘆く鈴。お父さんがいないだけでなく罪人の子になってしまう。

あわせて読みたい

  • 「まんぷく」順調と思ったらGHQが来た

    「まんぷく」順調と思ったらGHQが来た

  • 「まんぷく」ダネイホンが売れません

    「まんぷく」ダネイホンが売れません

  • 「まんぷく」萬平社長の使命に目覚める

    「まんぷく」萬平社長の使命に目覚める

  • 「まんぷく」萬平社長がダメイホン

    「まんぷく」萬平社長がダメイホン

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2018年12月5日のレビュー記事
    「「まんぷく」56話。執拗な取り調べに疲れ朦朧としている萬平さんの演技が細かい長谷川博己」の みんなの反応 6
    • 匿名さん 通報

      ×徹底改修→○徹底回収

      4
    • もえしょっく 通報

      憲兵の取り調べと違う怖さがありますね。 弁護士の話が出てくるようになりましたが、菅田将暉くんの登場はそろそろなのでしょうか…

      3
    • 匿名さん 通報

      >岡崎体育の英語がやたらうまいのと、シリアス演技もイケる人なんだなということがわかった。浜野謙太といい、星野源といい、ミュージシャンは芝居がうまい人が多い。  キャスティングが良かったですね❗

      3
    • 匿名さん 通報

      菅田将暉さんが出るのはこのエピソードじゃないと思うよ・・・

      1
    • 匿名さん 通報

      テレビ感想駄文乙()。ネットニュースの価値もない()

      1
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「ごちそうさん」のニュース

    次に読みたい関連記事「ごちそうさん」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュース

    次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュース

    次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    まんぷく

    「まんぷく」レビュー一覧

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース