review

最終回「ブラックスキャンダル」山口紗弥加、安藤政信、松井玲奈、三者三様の狂気と異常な純愛世界

●矢神亜梨沙
姉・明日那の復讐のため、水谷快人(若葉竜也)は壇上の純矢を刺しに行った。その寸前、身を挺して純矢を救ったのは亜梨沙だった。瀕死の状態で、亜梨沙は想いを口にした。
「やっぱり人間、一生に一人……だよね、好きになるのは。浮気や心移りはいっぱいあるけど……仕方ない。それが人間だから! でも……好きになるのは、一生に一人。……あなた以外、あなたじゃないの」
亜梨沙は純矢にキスを求め、絡め合う純矢の舌を噛み切った。

さっきの言葉は罠ではなく亜梨沙の本心だ。純矢はキスで女を狂わせる。明日那も阿久津唯菜(松井玲奈)もそうだった。ならば、純矢の舌を噛み切って自分だけのものにしたい。目的としては阿部定事件のそれに近い。

これは、復讐ではない。復讐心なんてこれっぽっちもない。亜梨沙による純愛。彼女からすると、復讐に燃える水谷は邪魔者。自分だけのものにすべく身を挺して純矢を救い、愛する人の舌を噛みちぎった。

このドラマのエンディングは、大きくなったお腹をさする亜梨沙の笑顔である。宿っているのは純矢との子どものはずだ。
第8話で亜梨沙と純矢は結ばれた。あの時、2人の間でこんなやり取りがあった。

亜梨沙 私、あなたのこと忘れたことなんてなかったのに。一日も忘れたことなんてなかったのに。
純矢 紗羅、ごめん。俺だって紗羅を忘れたことないよ、本当に。でも、俺には今、唯菜がいるし……。本当にごめんね。

純矢が阿久津唯菜(松井玲奈)の名前を出した時、一瞬、亜梨沙は目を“クワッ!”と見開いた。直後、「最後にするから、今日だけ紗羅でいさせて」と亜梨沙は純矢を求めた。

あわせて読みたい

  • 「ブラックスキャンダル」松井玲奈怪演

    「ブラックスキャンダル」松井玲奈怪演

  • ブラックスキャンダル ゲスは安藤政信?

    ブラックスキャンダル ゲスは安藤政信?

  • 「ブラックスキャンダル」枕営業の提案

    「ブラックスキャンダル」枕営業の提案

  • 「ブラックスキャンダル」枕営業を考察

    「ブラックスキャンダル」枕営業を考察

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2018年12月7日のレビュー記事
    「最終回「ブラックスキャンダル」山口紗弥加、安藤政信、松井玲奈、三者三様の狂気と異常な純愛世界」の みんなの反応 2
    • 匿名さん 通報

      純矢の「君に決めた!」で爆笑した

      1
    • 匿名さん 通報

      「キズナメガネだぁ〜い好き」も霞むわ

      0
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    ブラックスキャンダル

    ブラックスキャンダルのレビュー記事一覧

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース