review

「大恋愛」若年性アルツハイマーの苦しみの中で、希望を見出す戸田恵梨香と闇落ちした小池徹平8話

一方、井原侑市(松岡昌宏)と尚の母・薫(草刈民代)の恋が動き始めた。第7話、侑市を大声で責める真司を諭したのは薫だった。
「私も医者だから思うんだけど医学にはまだ分からない事が多いのよ 医者も未知なる病気の前には無力なの」
侑市は尚の元婚約者で、薫は尚の母親。そして、2人とも医者だ。侑市と薫は同じ辛さで共鳴している。対等の男女が惹かれ合う恋愛だ。

恋愛には様々な形がある。侑市と薫の恋と、尚と真司の恋は違う。収入、社会的立場、今までの経験など、男女が対等でいるのは難しい。尚と真司は、始めから対等じゃなかった。かつては真司が負い目を感じ、今は尚が苦しんでいる。対等だったことなんて一度もない。いつかは2人でそれを乗り越える。「対等」を訴える公平の付け入る隙は始めから無かった気がする。

闇落ちした公平、現実に感謝し続ける尚


周囲に支えられて病に向き合う尚。病気への恐怖と孤独で闇落ちした公平。同じ病気なのに、環境によってこんなにも生き様が違う。
尚と公平の対比。それは、アルツハイマー病を抜きにしても人生のテーマだ。自分を取り巻く状況を真摯に受け止め、現実に感謝しながら毎日を過ごすことができるか? それが、幸せを掴めるか掴めないかの差になってくる。

尚と真司が仲良くしている姿を見て「屋上から飛び降りたくなった」と口にした公平。ダークサイドを生きている。尚は違う。「忘れてしまうこと」にさえ、希望を見出そうとしている。

あわせて読みたい

  • 「大恋愛」小池徹平の闇に飲み込まれる

    「大恋愛」小池徹平の闇に飲み込まれる

  • 「大恋愛」サンド富澤が説いた男の本性

    「大恋愛」サンド富澤が説いた男の本性

  • 大恋愛 病気と恋がごっちゃになってる

    大恋愛 病気と恋がごっちゃになってる

  • ムロツヨシ固まって「大恋愛」が始まる

    ムロツヨシ固まって「大恋愛」が始まる

  • レビューの記事をもっと見る 2018年12月7日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    大恋愛

    大恋愛レビュー一覧

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース