超特急 『2018 MAMA』で堂々のパフォーマンス レッドカーペットでは韓国語で挨拶も

超特急 『2018 MAMA』で堂々のパフォーマンス レッドカーペットでは韓国語で挨拶も

6人組ダンス&ボーカルグループの超特急が、12月12日にさいたまスーパーアリーナで行われた『2018 MAMA FANS' CHOICE in JAPAN』で「Favorite Dance Artist Japan」を受賞。BTS(防弾少年団)やTWICEら、錚々たるメンバーの中で唯一の日本人アーティストとしてパフォーマンスを行い、そのドラマティックなダンスと異彩を放つオーラで満員のオーディエンスに爪痕を残した。

今年で10回目を迎える『Mnet Asian Music Awards(MAMA)』は、韓国100%エンターテインメントチャンネル「Mnet」や日本初の韓国エンタメ動画配信サービス「Mnet Smart」を運営するCJ ENM主催の音楽授賞式。これまでもアジア各国で開催され、今年は12月10日から14日にかけて韓国・日本・香港の3地域で授賞式が行われる。超特急は12月12日に行われた日本公演で、BTS(防弾少年団)、IZ*ONE、MAMAMOO、MONSTA X、NU'EST W、Stray Kids、TWICE、Wanna Oneらと共演を果たした。

開演前には会場裏手に設置されたレッドカーペットに、それぞれメンバーカラーのスーツに身を包んだ6人が登場。笑顔で手を振りながらフォトセッションに応えると、リーダーのリョウガが「アンニョンハセヨ! ウリヌン超特急イムニダ!(=僕たちは超特急です!)」と、いつもの挨拶を韓国語でアナウンスして驚かせる。さらに「まさか僕たちが、こんな素晴らしい賞を受賞できるなんて思っていなかったので、本当に夢の気分ですし、とても光栄です」と緊張気味に語り、「ここに僕たちが立てているのも、超特急のファンである8号車のおかげなので、これからいろんな恩返しをしていきたいです」と感謝を述べた。

あわせて読みたい

  • 超特急、念願のさいたまスーパーアリーナで度肝を抜くゴージャスな演出と頼もしいパフォーマンスで新境地

    超特急、念願のさいたまスーパーアリーナで度肝を抜くゴージャスな演出と頼もしいパフォーマンスで新境地

  • 超特急、4月から自身最大規模の新ツアー 1月から放送の濱田岳主演ドラマEDテーマ起用も決定

    超特急、4月から自身最大規模の新ツアー 1月から放送の濱田岳主演ドラマEDテーマ起用も決定

  • 超特急カイ、映画『東京喰種 トーキョーグール』続編に再びカネキの親友ヒデ役で出演

    超特急カイ、映画『東京喰種 トーキョーグール』続編に再びカネキの親友ヒデ役で出演

  • 超特急タクヤが初のスタイルブックを出版 「今でも夢のよう。撮影はどれも濃くて印象的でした」

    超特急タクヤが初のスタイルブックを出版 「今でも夢のよう。撮影はどれも濃くて印象的でした」

  • エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2018年12月12日の音楽記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    音楽ニュースアクセスランキング

    音楽ランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    芸能の人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトミュージックとは?

    話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

    その他のオリジナルニュース