review

最終回「プリティが多すぎる」木曜深夜ドラマの理想形「なぜ売上を伸ばすのか」千葉雄大は答えを見つけた

新見「僕、まだ文芸には帰っちゃいけない気がしてたんです。ちゃんとここでやり切らないとダメだと思って」

12月20日(木)深夜放送のドラマプリティが多すぎる(日本テレビ系)最終話。
雑誌『Pipin』の編集者・新見(千葉雄大)に、元上司で文芸編集部の編集長・柏崎(杉本哲太)から電話がかかってきた。「新見、お前を文芸に戻してやる。いまから出てこい」。新見は驚きながらも、一緒にいた利緒(佐津川愛実)を残して柏崎のもとに走った。
最終回「プリティが多すぎる」木曜深夜ドラマの理想形「なぜ売上を伸ばすのか」千葉雄大は答えを見つけた
イラスト/まつもとりえこ

レイ「仲間だったら背中押してあげることできないかな」


売り上げが伸びず廃刊の危機にあった雑誌『Pipin』は、一時的に売り上げを伸ばした。それは、元文芸編集者の新見の企画が当たったから。それは、原宿を舞台とした水科木乃(清水くるみ)の小説『十条からキラキラまで』に登場するヒロインのコーディネートを再現する企画だった。

新見の企画を見て、水科は編集者に会っても良いと言ってきた。柏崎は、どうしても水科の小説を自社から出版したいと思っている。柏崎は、新見の「文芸編集部に戻りたい」という思いを利用しようとしていた。

柏崎「文芸に戻りたかったら、目の前にあるチャンスは死んでもモノにしろ」

新見が文芸編集部から異動になったのは、元担当作家・巽信次郎(麿赤兒)の意向によるものだったはず。柏崎は、巽の許可を取らずに勝手に異動をさせようとしている。それは、本を売るためなら何でもするという、なりふり構わない仕事観からか。

あわせて読みたい

  • 「プリティが多すぎる」千葉雄大大失敗

    「プリティが多すぎる」千葉雄大大失敗

  • プリティが多すぎる 予定あるあるある

    プリティが多すぎる 予定あるあるある

  • プリティが多すぎる 適当にやるの真意

    プリティが多すぎる 適当にやるの真意

  • 「プリティが多すぎる」で金曜乗り切れ

    「プリティが多すぎる」で金曜乗り切れ

  • レビューの記事をもっと見る 2018年12月21日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース