GLAY、20数年間が詰まったモバイル会員10周年記念ツアーが地元北海道でファイナル

GLAY、20数年間が詰まったモバイル会員10周年記念ツアーが地元北海道でファイナル

11月27日より東京・Zepp DiverCityよりスタートした、GLAY mobile会員サイト発足10周年を記念したツアー『GLAY MOBILE Presents 10th Anniv. Tour 「平成最後のGLAYとChristmas 2018 ~SURVIVAL~」』が12月23日(日)、地元北海道のZepp Sapporoにてファイナル公演を迎えた。

ツアータイトルにも入っているChristmasにちなんで、サンタの帽子をかぶってメンバーの登場を待つファンがいたりと、賑やかなムードが漂うZepp Sappro。会場が暗転すると『GLAY EXPO '99 SURVIVAL』で当時使用されていたSEが、実際の会場から発せられていた歓声を含んだバージョンとしてスピーカーから流れた。

今回のツアーはタイトルにも「~SURVIVAL~」が入っており、当時の思い出話や、演出などがライブの所々に散りばめられおり、実際にあのライブを体験したファンも、映像でしか見たことないファンにも嬉しい演出である。

ライブの1曲目は当時のアンコール一発目に演奏された「I'm yours」。スピード感あるナンバーであり、ステージ後ろにあるモニターからは、サウンドに合わせてデジタルな雰囲気を出した映像演出がなされ、会場を盛り上げた。

TERUが「ファイナル、暴れ倒していこうぜ!」と合図を送れば、当時のツアータイトルにもなっており、GLAYを代表する1曲でもある「サバイバル」を披露。MCでTERUは「今回のライブは本当に内容が濃い! 92年の曲もあれば、今年、そして来年リリースするかもしれない曲など、20数年間が詰まった内容になってる」と語ったように、GLAYの軌跡を追える、非常に濃度の高いセットリストになっており、今年の11月にリリースした56thシングル収録の「愁いのPrisoner」、「YOUR SONG」や、こちらも代表曲である「ここではない、どこかへ」など、新旧織り交ぜたナンバーで冬の札幌を熱くした。

あわせて読みたい

  • JIRO(GLAY)レギュラーラジオ番組の20周年記念公開収録を大阪で実施

    JIRO(GLAY)レギュラーラジオ番組の20周年記念公開収録を大阪で実施

  • GLAY、5年ぶりの函館2デイズ大型野外ライブを完遂 「この景色をずっとみんなに見せたかった!」

    GLAY、5年ぶりの函館2デイズ大型野外ライブを完遂 「この景色をずっとみんなに見せたかった!」

  • 桜井和寿、GAKU-MCによる音楽ユニット「ウカスカジー」のライブTERU(GLAY)がゲスト出演

    桜井和寿、GAKU-MCによる音楽ユニット「ウカスカジー」のライブTERU(GLAY)がゲスト出演

  • TERU(GLAY)、台湾のスーパーバンドMaydayのライブにスペシャルゲストとして登場

    TERU(GLAY)、台湾のスーパーバンドMaydayのライブにスペシャルゲストとして登場

  • エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2018年12月24日の音楽記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    音楽ニュースアクセスランキング

    音楽ランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    芸能の人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトミュージックとは?

    話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

    その他のオリジナルニュース